人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

懐旧の情降り止まず

懐旧の情降り止まず

明け方に昔の夢を見た。田舎の本屋の出来事。3軒しかない書店の一つで一番小さかった店での光景が広がっていた。店の奥、薄暗い帳場に白髪の親父が座っている。書籍の注文伝票を整理しながら、時折店内の客に視線を向けている。それだけだ。なのに、懐旧の情があふれる。
その店の妻もときどき出ていたが和服だった。末の息子は私のイッコ上の学年だった。気の弱そうな小学生だった。下校の途中でべそをかいているのを見たことがある。その店頭に小学5年生なんていう広告が貼ってある。私は父から言われた注文の本を取りに行っていた。謡曲の本だったかそれとも「キング」だったか。

別の書店も思い出した。一番手広くやっていた店だ。しっかり者のおばさんが切盛りしていた。「髪結いの亭主」はたまに店に出るぐらいだ。そのおばさんもいつも着物だった。新学期の教科書を販売するときも店員を引き連れて学校に来た。

町に出て、行く場所といったら本屋とレコード屋と映画館だけだった。紅茶色の私の自転車をキコキコ漕ぎながら行った。映画館には小学生は1人で入場できないから、案内板の宣伝スチールを眺めるだけ。東映映画が一番見たかったが、松竹系を見せるミラノ劇場のスチールが気になった。「紺碧の空遠く」なんて、意味がわからないタイトルだったが白い海軍服の青年がまぶしかった。たしか山本豊三だった。森美樹という女のような名前の俳優が気になった。目が吊り上っていて笑顔はまったくない役者だった。映画の本編は見られないが、「平凡」や「明星」をよく立ち読みしたから見たような気分がいつもあった。森美樹は天下の大悪人豊臣の残党山内伊賀亮を演じていた。吉宗の落胤を名乗る天一坊を押し立てて天下を取る陰謀をたくらむという物語。森がからめとられて見得を切っている場面の前でずっと立っていた。

今、検索したら1960年の「天下御免」という作品らしい。安保の年か。
前年は反対闘争が激しかった。小学生の私も訳がわからないまま「アンポハンタイ」と口にしていた。でも、そんなことより森の映画が見たかった。森は60年に26歳の若さで急死している。死因はガス中毒だという。

夕方が近づくと、また自転車をキコキコいわせて帰った。国道だったが車の交通量は多くない。映画が好き勝手に見られたらいいなあと思いながら、薄暗くなった道を電灯もつけずに(というか、子ども自転車にはなかった)家に向かった。


来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2007-11-23 09:52 | 登羊亭日乗 | Comments(0)
<< マイラーメン 正解は90秒後に >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧