人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

乳母車

ドラマという手法も大変だ

昨日とうって変わって暖かい朝だ。気持ちがいいし過ごしやすい。田舎で1人暮らしている母のことを考えれば暖冬は有り難いが、温暖化の危機を思うと嬉しくもない。このままで推移すれば今世紀末には平均気温が6・5度も上昇するという。夏には45度近くになるとすれば日本列島どころか地球の生物全体が深刻な事態になるのは明白だ。その頃には生きていないからと言って放置してよいかと考えてもみるが、政治に期待しても空しいしかといって個人の努力を超えてもいるし、と千路に乱れる。藤原定家のように「紅旗征戎吾がことにあらず」とほうっかむりを決め込むしかないのだろうか。

昨夜遅く、昭和31年の日活映画「乳母車」を見た。田坂倶隆の名作の誉れ高い文藝作品だ。田坂は戦前に「五人の斥候兵」という戦争映画を撮っているがこれがなかなかの作品だった。一説には黒澤の「七人の侍」の原型ともいわれる。「乳母車」当時、田坂はもはや巨匠になっている。だから期待した。
原作は石坂洋次郎。出演は芦川いづみ、石原裕次郎、新珠三千代そして宇野重吉だ。
芦川は鎌倉に住む金持ちの1人娘で女子大生。父の宇野重吉は丸の内にある会社の常務とくれば、「晩春」の小津や「山の音」の成瀬巳喜男の世界とよく似ている。晩春は原節子と笠智衆、山の音は原節子と山村聡。だが前の二本に比べて残念ながら見劣りした。

晩春の原作はたしか広津和郎、山の音は川端康成だ。いわゆるこういう純文学に比して、乳母車の石坂洋次郎は通俗小説だからか。そういう甘さは見受ける部分もあったがそれだけではないようだ。
配役か。主役の芦川は、二作の原節子に比べて悪くはない。ただ彼女が言いたてる理屈が小ざかしいキャラクターだからか深い共感をもちえない。これは役者の問題ではなく原作と脚本の問題ではある。石原や新珠はそれなりにいいが、父役の宇野重吉が笠智衆や山村聡に比べてうそ臭いのだ。キャラクターは山の音の山村に近い、温厚だが芯があってクラシックが好きなブルジョワという役どころだが、まるでリアリティがない。宇野はうだつの上がらない老いたサラリーマンのイメージしかないのに違う役を「演じて」いた。でも、これだけではない。もっと他の理由でこの作品が「晩春」「山の音」になりえないと思う。余談だが、後年になってスタアの石原裕次郎と民芸の宇野重吉の関係が深いと知って奇妙に感じたことがあったが、この昭和30年からの付き合いだったのだ。

 この映画の撮影技術は小津組よりもいいのだが、画に重みがない。何故か。おそらく全体を指揮する田坂の問題なのだろう。手馴れていて小津や成瀬風に撮ることも出来るが、仏を作って魂が入っていない状態の映画に仕上がっている。田坂監督はどこか”流して”撮っている気がしてならない。
まず、こういう原作を選んで作品にしようと考えた点、宇野の配役の点、薄い風景描写(但し、九品仏のお寺はいい)の点などが相まって、ドラマツルギーが深まらない。見終わった印象は、先日見た「続3丁目の夕日」のような物足りなさだった。

この映画が作られた頃は日本映画の全盛期だ。小津がいて成瀬がいて、一方で黒澤明も木下恵介もいたのだ。内田吐夢も小林正樹もいた。こういう「場」があったからこそ田坂もチャンスが来るのだが、生かしきれていない。といって、昨夜見た筋を追いかけるのがミエミエの社会派テレビドラマなんかよりずっと心には残ったのだが。
10チャンネルで今度松本清張の「点と線」をたけしでリメイクするという。そのメイキングの番宣番組があったが、そこでCGの細密ぶりを言い立てていた。担当のディレクターがこの作業にこめた意気込みを語っていたが、何か違うなあ。昭和30年代の風俗、景色をリアルに再現したというが、それはドラマの本筋に繋がるのか、こんなことに力を注ぐのでなくという感想をもった。かつてやはりテレ朝でドラマ化された、恩地日出夫の「戦後最大の誘拐」は泥臭いロケだったが凄かったぞ。

映像で表現するということは大変なことだ。映画だから、ドラマだから、といって対岸の火事、他人事のようにして済ませるわけにはいかない。たちまち、今度作ろうとする「大衆芸能」の主題をどう自分のものと出来るか。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2007-11-18 11:56 | 登羊亭日乗 | Comments(0)
<< 夢見る力 企画書を書く手を止めて >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧