人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

波のまにまに

入れ替え制

映画館入れ替え制は今から15~20年前に始まったらしい。映画館がきれいになってデラックス化しリクライニングのシートなんかも出現した時期じゃないか。たしか、それまでの映画館はトイレの臭気が漂う汚い空間で固い椅子で居心地がさほどよくなかった。
きれいになったのは良かったが、二本だて以上の映画を見てきた者としては一本立てつまり入れ替え制になって損をしたような気分になった。今では一日に二本も映画を見たら疲れるのが先に立つが、子どもの頃は3本でもまだ足りないと思っていたし、学生時代であれば時間がいっぱい余っていた。

一方、まだ二本立てをやっているところもある。早稲田松竹は名画座だが、学生街の映画館にふさわしく二本立て興行を続けている。そう聞くと行きたくなる。目黒シネマもそうだったかな、今夜は週末だからレイト興行になっているかもしれない。

 昔は映画館の前まで行って開始時間が合わないと時間をほかでつぶすなんてことはなかった。映画の途中から入って配役もストーリーも掴めなくてもおいおい分かればいい、二回見れば分かるだろうぐらいのアバウトさで鑑賞したものだ。英語の勉強と称して二回見る友達もいた。最初は字幕を読んで、二回目は出来るだけ見ないで理解して、というのを繰り返すと英語が上達するという話を聞かされて、私も「ある愛の詩」でやったことがあるがさっぱりだった。

 マンガを育てたのは団塊世代だが、かと言って今彼ら老人を主人公にしたマンガを描いたところで売れるわけではなく、という文章を目にしてぎょっとした。「老人とは俺のことかと団塊言い」だ。でも老人となると現役から煙たがられるのも当然だわな。さっさと現場から出ていってくれと思われているのだろうな。入れ替え制です、次のお客さんのために席を空けてくださいと声がかかっているのだろう。昔はよかった、一度入場したら最終回までいることが出来たからと懐かしんでも時代は違うのだ。

ヌーベルバーグ華やかりし頃、小津安二郎はもう古いと若手の監督たち(大島渚ら)から批判されていた。その頃開かれた松竹監督会の新年会で、小津は上座から降りてきて下座にいた若い吉田喜重の前にどっかと腰を下ろして黙ったまま杯を重ねた。二時間近くもそうしていたという。そして最後につぶやいた言葉。「映画監督は、橋の下でこもをかぶって客を引く女郎と同じだ」
別のところで「豆腐屋には豆腐しか作れない」という言葉を小津は残している。若手の批評に対して小津なりの返事だろうが、苦しい。開き直りと見られても仕方がない弁明だ。

小津の前に新しい波が押し寄せていた。ヌーベルバーグ。
ちょっと待てよ。波はエネルギーであって、もの(媒質)そのものが動いているわけではないという当たり前のことをあらためて思い出す。新しい波が来ようと水面だけが動いているだけでそこにある水は入れ替えなし、ということにならないか。大島や篠田、吉田らが飛んだり跳ねたりしたが、波は次から次へと来たものの小津は今もどっかとそこにあったりして。と都合よく考えたりして。来年、私は小津が死んだ年60になる。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2007-11-17 10:52 | Comments(0)
<< 企画書を書く手を止めて 富士の影 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧