人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

富士の影

富士の影

山高きゆえに尊からず、というが、山は高いから尊いと富士山を見ていて思う。
今日の富士の美しさといったらない。周りにさえぎるものをもたず、富士は立体でなく線としてそこだけ浮き上がっている。気高い。

精気集まる富士の峰、高き理想の光映ゆる
ここに無限の情けあり ここに無限の理想あり

と少年の頃に覚えた歌のような感動ではない。どちらかと言えば、松竹映画のタイトルバックに使われる富士山のように、誰が見ても美しいという思いがある。

大手の映画会社のタイトルバックはかつては嫌いだった。「一富士二鷹三茄子」のように月並みだと軽蔑していたが、近年変わってきた。松竹の富士、東映の岩場の怒涛、東宝の五色のキラキラ。日活、大映は東宝と同系だったはず。東映の岩場は越前海岸で撮影したものと知ったときから贔屓にしていたが、近年松竹の富士も悪くないなあと思うようになった。

「銀座百点」で嵐山光三郎が面白いことを書いていた。文春の半藤一利が調べたという富士山の影のことだ。
三千mを越える富士山の影が銀座4丁目に届くことがあるかということを、半藤は友人と賭けをして調べたことがある。そのとき、何と年に2回影が届くことが分かったという。

この話は感動する。富士の高さはかくまで偉大なのだ。半藤説が正しければ、50キロも手前にある大磯などは富士の影がしょっちゅう訪れることになる。何かわくわくする。
駿河、甲州、信州、越後と並ぶラインでいけば、富士の影は越後に及ぶのか、もっと先の佐渡まで行くのだろうか。

今朝、敦賀を出て長浜に向かうあたりで伊吹山を見たときも、荘厳な高さに心奪われたが、富士となるともはや別格だ。
本日見た富士の高嶺は白銀に輝いていた。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
富士の影_c0048132_1861855.jpg
by yamato-y | 2007-11-14 18:04 | 登羊亭日乗 | Comments(0)
<< 波のまにまに 碧空 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧