人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

酔い覚めの水

酔い覚めの水

目が覚めた。時計を見ると午前4時。ああ喉が渇いた。
昨夜はへしこ寿司と蟹でいささか飲んだ。帰宅して風呂に入ったら眠くなりすぐに寝た。
そして今目が覚めた。台所に行き水道の栓をひねって水をくむ。コップになみなみと入れて一息にゴク。普段はペットボトルの水だが敦賀では水道。ここの水はうまい。とりわけ酔い覚めの水となると格別だ。

「酔い覚めの水は甘露の味」という。グーグルで「酔い覚めの水」と検索したらこんな記事があった。
《いつもは寝るとき、はずしておく入れ歯を、忘れて誤って飲み込んでしまいました。数日後、お尻が痛くなり肛門にひっかかっていたのを取ってもらいました。人間の消化器は食道の入り口が最も狭く、そこをパスすると胃に落ちます。肛門科のドクターによると、大魚の骨や焼鳥の串、ほかに義眼まで見つかることがあるそうです。》

入れ歯を外してコップのなかの水に浸しておいた。夜中に目が覚めてその水を飲んだら入れ歯もいっしょに飲んだというのだ。しかも、それは肛門までたどりついて痛くなったという。この記事を読んでいるだけで下腹部がむずむずする。そんなことがあるのだ。

 夢をみたらしい。どこかの壇上での発表会だ。作家の常盤新平さんがいた。40歳も離れた若い女性と結婚をする。よく見たらその女性は同僚のディレクターだった。
これって、どういう意味だろう。(深い意味があって言っているのではない)
あまりに普通っぽいので、なんでこんな夢のことを覚めても覚えているのだろうと怪訝に思った。

午前5時。少し冷えてきた。布団にもどってまた寝よう。夢の続きが見れるか。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2007-11-14 05:11 | ふるさとへ | Comments(0)
<< 碧空 松原の海へ >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧