人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

映画は難しい(作るのが)

映画は難しい(作るのが)

昨夜、銀座で「続・3丁目の夕日」を見た。前作が面白かったし、CGの出来のすばらしさにも感動した。原作のコミックスとは設定キャラクターは同じだが、物語は作家茶川竜之介を中心にした映画独自のものとして作ってあった。特に、茶川と踊り子の恋話は原作にもちらっとあったかもしれないが映画ではかなりの部分を占めていた。

その恋話は前作では完結しないままだったから続編を作ったと聞いて、なるほど話は続くのねと納得した。だから続きを見たいと思っていたので、昨夜仕事を終えて銀座マリオンの前を通ると最終の興行が始まるところだったので思わず館に飛び込んだ。

 映画はよく出来ていたが前作の感動や味わいが少なかった。少し話を増やしすぎたかな。鈴木オートに、高慢なハトコがやってくる。六ちゃんのボーイフレンドは不良になる。お母さんのトモエさんには昔の恋人と再会する。社長は戦友会に行って幻と会う。踊り子には大阪の遊び人が言い寄る。踊り子の先輩で訳ありの女が世話をやく。等など。

もともと、エピソードの積み重ねのドラマだからグランドストーリーで勝負しないというのは分かるがやや散漫なのだ。ネタが多すぎてキャラクターそれぞれに思い入れが深まらない。前作でよかったアクマ先生(三浦友和)はぱっとしなかった。踊り子(小雪)は大女のぞろりとした感じが目につき、はすっぱで気のいい女を演じきっていない。影ばかり強調された。茶川(吉岡秀隆)はうまいけど、やりすぎか。鈴木社長(堤真一)も同じ印象。大阪の旦那は関西弁がなっていない。この点が一番問題だ。こういうことを蔑ろにするとドラマの緊密性が途切れる。

勿体無いなあと思ったのは映画館のシーンだ。六ちゃんの休日、おめかしをして出かけたのが映画館。映画全盛の時代だ。人気者裕次郎演じる「嵐を呼ぶ男」が劇場にかかっている。それを興奮して見る、という前作のプロレス観戦と同じ「処理」をしている。それあないだろう。あれだけ大勢のエキストラを狩り出しているのなら、そこでエピソードの一つも作ればいいのに・・・。

カットのつなぎは明らかに映画でなくテレビの手法だった。それが悪いわけではないが、もし第3作を作るのなら、他のスタッフは残しても監督は変えたほうがいい。もはや、彼は自分がどうしていいか分からなくなっている。彼自身も苦しいだろう。他のメンバーをそのまま残して、新しい監督で臨むべきか。うそ臭い設定なのに感動する「父と暮らせば」の黒木和雄の思いを注入すればいい映画になると思うけどなあ。

配役でいいのは薬師丸博子、堀北真希、子役の一平。まずいのはうまい子役淳之介が体が大きくなりすぎたことだ。もたいまさこのばあさんもわざとすぎる。ピエールとかキム兄とか温水とかあまりにねらいすぎ。もっと普通のそれなりの役者でいいと思うけど。山崎監督ははっきり言って小技に走りすぎ。

映画が終わってエンドロールを見ていたら、一昨日会った少年サンデーの元編集長の名前が出てきて、俄然親近感が湧いた。

ごちゃごちゃ書いたけど、見たほうがいいと思う。金返せという気にはならない。これだけなら悪くはなかったのだろうが、前作があまりに良すぎた。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2007-11-10 20:38 | ブロギニストのDJ | Comments(0)
<< 広い荒野にぽつんといるようで ふたりの編集長 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧