人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

ふたりの編集長

ふたりの編集長

目白の椿山荘で、少年サンデー、マガジンの元編集長二人と会って取材をした。
取材地は音羽(マガジンを発行していた講談社のある場所)や神保町(小学館のある地)からほど近いところにあるから、そこで会いたいとサンデーの編集長の要望だった。

サンデー、マガジンは少年週刊誌の草分けであり老舗だ。1959年に創刊され、発売されたのも同じ3月。ずっとライバルでやってきた。その両誌の編集長が相並ぶという。どんな話をしてくれるのだろう。ライバル意識はどうなのだろう。好奇心半分で出向いた。

1959年当時、週刊誌が次次に創刊された。テレビ時代が始まっていた。テレビの速報性に対応するうえでも少年誌は月刊から週刊へ向かうということは必然だった。小学館、講談社とも同じ時期に社主がそう感じて隠密裏に準備した。若干、サンデーのほうが動きが早く、マンガ家をあらかじめ押さえた。マガジンが動いたときにはめぼしい作家はほとんどサンデーに囲われていた。

いつ発売するか値段をいくらにするか、情報戦があった。結局、3月17日という同じ日になった。値段はサンデー30円、マガジンは付録付きで40円となった。最初の10年は熾烈な戦いがあった。漫画家の引き抜き、企画の競争があった。発行部数サンデー50万、マガジン32万と少しサンデーがリードした。ギャグのサンデー、ストーリーのマガジンといわれるのは、「おそ松くん」がサンデーから出て、「巨人の星」「あしたのジョー」がマガジンから出た頃からだ。怪獣ブームをいち早くとりこんだマガジンが一気に発売数を100万まで増やし逆転する。大伴昌司が活躍はじめた頃だ。

70年代半ば過ぎ、マガジン、サンデーが低迷しているとき、新興勢力が現れた。少年ジャンプである。後発だから有名な漫画家をかかえていない。先行2誌は高をくくっていた。ところがジャンプは不利な条件を逆手にとった。新人登用、育成で乗り切ることにしたのだ。これが当たりぐいぐい売り上げを伸ばしてゆく。

意外にもサンデー、マガジンの二人の編集長は仲がいい。ライバルとはいえ、同じ辛苦を味わってきた仲という親近感は大きい。実は、資本的にいえばサンデーの小学館とジャンプの集英社は親戚関係にあたるのだが、サンデーの編集部はジャンプよりマガジンに親しさを感じている。一時、マガジンがジャンプの売り上げに迫ったとき、サンデーはマガジンがんばれと応援したんですよとサンデー元編集長は告白する。二人とも編集長は卒業して、現在はそれぞれの社の重役になっている。

2時間たっぷり話を聞いた。ディレクターもそうだが編集者も話し好きだ。サービス精神も旺盛。つい、眉につばしたくなる話もちらほら。

おかしかったのはマンガ編集者のコンプレックスは幼年期のSF作家とよく似ていたということだ。社でいちばん稼いでいるのに、あいつらはどうせマンガなんだからという視線をたえず感じていたと、両編集長は口をそろえる。この「ヒガミ」はどこかで見覚えがあると思ったら、そうだ60年代のSF作家たちだった。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2007-11-09 12:35 | あしたのジョーの、あの時代 | Comments(0)
<< 映画は難しい(作るのが) 秋はせを >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧