人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

3丁目の夕日

3丁目の夕日
3丁目の夕日_c0048132_12164584.jpg
3丁目の夕日_c0048132_12165894.jpg
3丁目の夕日_c0048132_12171336.jpg


オフィスに憮然と居るより現場のほうがいいと思って浅草に出た。渋谷から地下鉄銀座線で17個目、終点から終点までだ。地下から上がって浅草通りに出ると、渋谷とまったく違う町の匂い。雷門を越えて田原町方向に歩く。商店街の端にあるブロマイドの店マルベル堂へ行く。ここでの最近の傾向と大衆芸能の話を店の主人から聞く。20分ほどノートをとった。

浅草演芸場に向かう。夜の部が始まっていた。落語が5人、漫才2組、ボードビリアン1人、か。看板写真以外にも出演者はいるかもしれないが、木戸をぬける客の数もぱらぱら。入場料、大人2500円は映画に比べると高いが、これぐらいの料金でないと劇場(こや)も芸人もやっていけないだろう。テレビの「笑点」のような賑やかさはここでは無縁だ。劇場の様子、人の流れなどを1時間ほど調べる。日がかげって商店街にも灯がはいる。

久しぶりに隅田川を見た。満潮だろうか水量がたっぷりある。おりしも夕焼けとなった。空が高く大きなうろこ雲が長く続いていて、端の方から少しずつ焼けてゆく。ゆったりとした気分になる。観光水上バスが帰って来る。外国人の姿が目につく。墨堤と呼ばれた対岸はすっかりコンクリートで覆われ上を高速道路が走っている。墨田区にも足を伸ばすか。アサヒビールのうんこビルを目指して吾妻橋を渡る。

押上方向に歩く。閑散としている。車ばかり走っていて人影はない。町工場もほとんど閉めている。佃煮屋が2軒ほど店をあけていた。居酒屋らしいものもない。かに道楽がなんでここにあるのだろう。清澄通りに向かう。

町は夕焼けになっていた。ギンギンギラギラの夕焼けが大きく町を染めてゆく。逆光が人も町もシルエットにする。たちまち、昭和30年代にタイムスリップして、3丁目の夕日の町が現れた。

日はとっぷり暮れた。時計を見ると6時を回っている。再び浅草にもどり、雷門そばの蕎麦屋の暖簾をくぐる。天麩羅ちらしとビールを頼んで、パソコンを取り出し取材メモを整理する。えびの大きな天麩羅もいいが、茄子がうまい。熱燗を頼むと大関が来た。ガラスのビンに入っていて熱い、レンジでチンしたものか。こういう燗はすぐ冷めるから好きでない。

地下鉄の駅をめざして行くと、人力車の腹掛けをした若い男たちが威勢よく行き交う人に勧誘の声をかけていた。
3丁目の夕日_c0048132_12163334.jpg



来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2007-10-30 12:17 | 登羊亭日乗 | Comments(0)
<< 鉄橋を渡ると 期間限定の考え方 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧