人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

惜敗

準グランプリ

昨夜、六本木ヒルズのハリウッドホールで開かれたATP賞授賞式で、私の作品「闘う三味線 人間国宝に挑む」は総務大臣賞とドキュメンタリー部門の最優秀賞はいただいたものの、グランプリは惜しくも逃した。

午後4時から始まった各賞(新人賞、特別賞、長寿番組賞)などの発表が続き、6時前にATP加盟の70のプロダクション各社によるグランプリに向けての投票が行われた。優勝した情報部門「海猿」と五票ほどの差で私の作品は準グランプリでとどまった。この模様が9時のニュース9で流れた。私が挨拶するところが一部出たらしいが、恥ずかしくて見ていない。

負け惜しみで言うのではないが、グランプリまで行かずにほっとした部分もある。というのは受賞スピーチだ。総務大臣賞、最優秀賞と2回スピーチの機会があって、総務大臣賞のほうはプロデューサーのMさんにお願いして、私は最優秀賞を担当することにした。この授賞式の冒頭に総務大臣賞の表彰式があって、そこでMさんは「この番組は3度いいことがあった。ひとつは文楽三味線のリサイタルが成功したこと、二つ目は三味線の鶴澤清治さんが人間国宝になったこと、3つ目が今回受賞したこと」とスピーチしたのだ。それを聞いて私は内心慌てた。私のスピーチの内容も清治さんが人間国宝に選ばれたことを中心に話を組み立てていたからだ。

 式の後半で最優秀賞として登壇したときは、もう一つ用意していた企画論のようなことを語ってスピーチをしのいだ。これ以外にもはやスピーチのネタはなかったので、もしグランプリにでもなったらどうしようと心配していた。

この授賞式は中継録画されていて、舞台は照明ががんがんあたり、4台の中継カメラが登壇者をねらっている。ほかにも取材カメラが幾台も入っている。ドラマに出演した役者や、特別賞の欽ちゃんや徳光アナ、たちは気のきいたコメントをさらっと残してゆく。私のような裏方の人間にとって、こんな晴れがましい場所は大の苦手なのだ。まして、グランプリとなったら相当エスプリのある短いスピーチが期待される。もし決定されたらどうしようとそればかり心配していた。やけくそで「オッパッピー」でもやってやろうか。「そんなのカンケイない、そんなのカンケイなあい」と叫んでみる。なんて妄想が頭の中を渦巻いていた。

まあ杞憂に終わりほっとした。会場にはカメラのKさん、音声のIさんも駆けつけてくれたので、受賞の記念撮影は総勢6人でお立ち台に立った。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2007-10-24 02:33 | 登羊亭日乗 | Comments(2)
Commented at 2007-10-24 11:49 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2007-10-24 21:38 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 期間限定の考え方 二つの魂に >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧