人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

取材源秘匿

取材源秘匿

奈良で起きた医師宅放火殺人事件で、容疑者の少年の鑑定をした医師が供述調書を漏らしたとして逮捕された。

この調書を引用した単行本が先ごろ出版され、そこに情報を提供したという疑いだ。単行本の著者は情報を入手した経路を明らかにしていないが、傍目から見ればその医師から出たとしか思えない状況だ。著者のフリージャーナリストは「取材源は命をさしだしても言えません」と言っているそうだが、その取材源が逮捕された以上、その言はあまりに空しい。

この話はどこから得たのかというニュースソース(取材源)の問題は、表現者にとっていつも大きな課題となる。楽しい話や嬉しい話であればともかく、嫌な話や権力犯罪などを取り扱うときは、取材者、被取材者、周辺関係者、の距離のとり方は難しいものだ。

新聞報道によれば、単行本「僕はパパを殺すことに決めた」は本の装丁といい調書の取り扱いといい、センセーショナルに扱われていて、取材源を消したり隠したりする配慮がきわめて薄いとある。このフリージャーナリストは少年事件の再発を少しでもなくそうと思って立ち上がったという動機だというが本当だろうか。きれいごとでなく、本当は目立ちたかったのじゃないか。その結果、取材させてもらった方を逮捕に追い込んだとすれば、それは没義道ってことじゃない。

 第3者としての意見をかっこうよく言うつもりではない。自分がその立場だったらどうするだろうと、この新聞記事を見て考えているのだ。実は、取材をしていて、この事実を世に知らせたら反響があるだろうなあと野心がむらむら起こることはよくあるのだ。
ただし、その情報源が明らかになるとすれば迷惑がかかる、ということで別の情報源を探してウラをとりつつ取材源を秘匿するという高度な戦術が必要とされる。それは手間も暇もかかることなのだ。

取材源秘匿のもっとも有名なエピソードは、ディープスロートだ。あのウォーターゲート事件のときの大統領の陰謀をワシントンポストの記者にリークした人物だ。最近、そのポストの記者はディープスロートの娘からの要請で、その当人を明らかにしたが、元来、その秘匿は地獄までもってゆくつもりだったのだ。少なくとも記者は30年にわたって、取材源を秘匿したのだ。

この秘匿ということはもう一つの危険も生む。つまり、架空の取材源ということも起こりうるのだ。ありもしないことをあるかのようにして取材源について口をつむぐ、という「ヤラセ」起こりうるのだ。その疑いをもたれないために、日日の取材が真実であることを示しておかねばならないのだ。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2007-10-16 16:13 | テレビって何だろう | Comments(0)
<< 荒地の恋 大衆のエネルギー >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧