人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

一息いれる

一息いれる

今日、無事にボイスオーバーも収録しほぼ出来あがった。
明日で完成をむかえる。この四ヶ月半きつい仕事だった。なにより久しぶりのディレクターは正直体にこたえた。取材、撮影もそうだが編集がきつかった。深夜12時を越えての作業が3日続くと体がへたばった。

どれほどきつかったかは、編集のカット数を見て分かる。ふだんの3倍あった。もともと番組の枠は90分という長丁場なのに、さらに細かい編集を加えたから途方もないカット数にのぼったのだ。

だが、番組はいいものが出来たと感じている。90分、オタク系カルチャーがてんこ盛りだ。間然することなく番組はいっきに進む。キャスティングも成功した。Oプロデューサーの能力(ちから)だ。まず、キャスターに小山薫堂さんと栗山千明さんを配置したのは正解だった。二人ともこういう番組の司会ははじめてという初々しさに、芯からSFカルチャーが好きだということでコメントに嘘や飾りがない。見た目もいかにも若手作家然としたおしゃれな薫堂氏に対して、番組で特注した「キルビルスーツ」姿の千明さんは華やかでかつアンドロイド風であった。この二人が、小松左京、筒井康隆という巨匠たちとからむのだ。少し種明かしをすると、千明女史はフシギな存在なので、突然消えたり現われたり、空中からカメラを取り出すという仕掛けが入っている。

番組の中で登場する映像だけでも、「鉄腕アトム」「ウルトラQ」「スーパージェッター」「エイトマン」「タイムトラベラー」「なぞの転校生」など過去の名作の数々。そして、SF作家たちの若き日の映像や録音まで。とにかく盛りだくさんなのだ。

そして、番組全体の語りは加賀美幸子さん。普段の加賀美さんとは一味違うシャキシャキしたナレーションと栗山女史のフシギな存在が予想した以上に好い味となっている。と、私は1人で悦にいっている。
今、スポットで番組の予告が流れ始めている。5分の短いものだが、Oプロデューサーが渾身をこめて作った作品だ。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2007-10-12 23:41 | ブロギニストのDJ | Comments(0)
<< 難読症 意識のもち方 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧