人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

シブヤ・イン・ホリデー

シブヤ・イン・ホリデー

今日も出勤した。例の番組の最終局面だ。とにかく、この作品は複雑な構造をもっている。これまで経験したことがないほど、細かいカットで繋がれている。今夜、ようやく番組のすじが通ったので、最終の編集結果をデータとして確認をとって驚いた。通常の番組の倍のカット数になっていたのだ。道理で苦戦するはずだ。

90分の番組といってもトーク中心のスタイルであれば、通常は2ヶ月半で制作する。これほど手間ひまをかけない。今回は四ヶ月、いや五ヶ月はかかっている。
明らかに、通常の番組の倍以上の労力が加わっている。

私の相棒のOK君の奮闘は感動に値する。骨惜しみせず、一心不乱で仕事をこなしている。今夜も10時半で私はふけたが、彼はまだ深夜までテロップの作成作業を行うであろう。そういう陰日なたのないところは好きだが、なんでも仕事を自分で受けてやろうとするところが気に入らない。そんなに出来るわけはないのに仕事を受ける。結果、多忙となっている。もちろん私が肩代わりしてやル必要もあろう。でも、彼は何でも自分でやろうとしすぎてオーバーワークになっている。と思われる。だが、けっして弱音を吐かずに頑張っているのは感心する。

なのに、11時ごろ、仕事を終えてセンター街を帰ってゆくときに、アホバカの一群に遭遇して、怒鳴りたくなった。「おい、おまえら。この時間に必死で働いている、おまえらと同年の奴がいることが分かるか」

祭日のセンター街には、いわゆる遊び人と呆けた馬鹿な若者ばかり。
本当に、シブヤの今の深夜は最低だ。日本中の馬鹿ばかり集めたといわんばかりの町と化す。同じ若者でも、OK君の粘りに比べて、この愚者の町に酔いつぶれている男と女よ。

本当に、自分の勤務先がなぜ渋谷なんかに来たのだろうか。私が入社した頃は内幸町にあった。いわゆる丸の内に近いところだ。そのままいればよかったのに、オリンピックの後に代々木の選手村近くにビルを建てたのだ。そのころはセンター街なんて場末の盛り場に過ぎなかったのに。

と、2007年10月に書いた。そして、以下のような批判を受けた。
《もちろん、個人のブログに何を書いても構わないだろう。もちろん、制作者の人格と作品の優劣は関係ないだろう。おそらく番組制作の追い込みで頭も身体も疲れているなかで苛立っていたのだろう。自分の元で頑張っている若者が可愛いのは当然だし、おそらくOK君は立派な若者なのだろう。
それでもやはり、街で遊び呆ける市井の若者を見て「偽装請負の仕事で長時間こき使われ、なおかつ将来の見通しもなければ、たまの休みに憂さ晴らしをしたくなるのも無理はないな。NHK(或いはNHKエンプラ)に入社出来たうちのOK君は、頑張れば頑張るだけ未来が開けるのだから、そりゃあやりがいもあるよな」と想像することもなく、何が若者をそうさせているのか社会の背景が気にならない人には、こっちもステレオタイプに「まあ団塊の世代だから無神経なのは仕方ないか。団塊の世代って“我々の頃は遊び方を知っていた”とか“街の雰囲気が良かった”とか“希望に満ちていた”とか根拠のない思い出話が好きだよなあ」と言い返したくなる。そこまでは言わないまでも、身近な若者と見知らぬ若者を比較して片方を腐す感性には、ついていけないものがある。》
本当にそうだ。こんな言い方はないなあ。あのとき、たしかにムシの居所が悪かったのだが、個人のブログ話だが。でも、こんな感情の出し方は幼い。60にもなって幼いというわけにもいかないのに、そんな過ちを犯すのが小生の駄目な部分だ。この記事を削除しようかなとも思ったが、反省の気持ちが今はあるということで、ここに謝罪の意志を示したい。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2007-10-08 00:23 | 登羊亭日乗 | Comments(1)
Commented at 2007-10-08 21:30 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< エイトマン 深まりゆく秋の中で >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧