人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

トモさん降臨

トモさん降臨

制作中の「21世紀を夢見た日々~日本SFの50年~」はようやく最終コーナーに入りつつある。思えば、長い道のりだった。6月から始めたのだから、まる3ヶ月はかかっている。久しぶりのディレクターはいろいろなことを体験させられた。

その一つが、トモさんこと大伴昌司氏のアトリエでのロケだ。トモさんは1973年に亡くなっているが、仕事場はそのまま保存されている。彼が怪獣博士としてさまざまな怪獣の解説を描いていた頃のまま、部屋にはデスク、テーブル、テレビ、映写機、パルプ雑誌、などが残されているのだ。まるで、SFやミステリー、ホラーの資料館のようだ。そこを今回の番組では利用させていただいた。

SFの歴史の流れを陳列して、番組のキャスターの1人栗山千明さんにリポートしてもらう場にしたのだ。

今月の18日のことだ。朝一番にアトリエに入り、撮影を行った。前日に飾りこみを終えていたので、カット数は20を越えたがスムースに予定が進んだ。いつもは眠っているアトリエも久しぶりにおおぜいのスタッフが入ってにぎやかで、かつ栗山さんのアンドロイド姿が華やかであった。10時にシュートを開始して正午までの2時間を予定していたが、実に段取りよく進んだ。

が、不可思議なことがあった。照明のライトが3度ショートした。照明さんが「こんなに頻繁に電球(たま)が切れるなんて」と首をかしげる。私は直感した。「あ、オートモさんが来ているな」と。彼がときどき降臨することは少年マガジン元編集長から聞いていたし、20年前に同じこの場所で、私が撮影作業していたときにも体験したから、トモさんの仕業にちがいないと思ったのだ。今回の照明さんは、かつて円谷プロが制作した「ウルトラQ」の照明補助を担当した経験をもつ人物であったこともフシギな縁だ。

そんなアクシデントがあったにもかかわらず、スケジュールは滞りなく進み、12時過ぎにはロケがあがり、部屋の撤収を終えてロケバスで放送センターに戻った。昼からはスタジオでの撮影になっていたのだ。

412スタジオに入ったときだ。大伴邸から持ちかえった資料を広げて並べようとしたときだ。その包みの中から、トモさんの部屋のクーラーのコントローラーが出てきたのだ。誰がこれを入れたのか分からない。まるで、ついて来たかのようにコントローラーは澄ました顔で資料の間に鎮座していた。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2007-09-29 06:15 | SF幼年期の、終わりに | Comments(0)
<< 手書き台本 他人の顔を媒介にして >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧