人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

さびしんぼうの世界(1)

尾道、坂の町

ロケがやっと終わった。少し余裕が出来たので、昨夜はこどもと映画「さびしんぼう」を見た。大林宣彦監督、尾道三部作の一つで、私のもっとも好きな作品でこれまでに3回見ている。恋をする人はみなさびしんぼうになるという青春物語。

山中恒の原作を読んでいないから憶測だが、舞台を尾道にし主人公を大きなお寺の大黒(住職の妻)に設定したのはきっと大林監督だろう。その改変がすべて良いほうに現われている。

写真を趣味とする高校生のヒロキは、他校の少女(橘百合子)を陰から撮影しながら密かに「さびしんぼう」と呼んで憧れていた。ピアノを弾く百合子の横顔がどこか淋しげに思えたのだ。片思いである。そんなある日、母に頼まれ、悪友のマコト、カズオと共に寺の土蔵を掃除した時、古い写真の束をひっくり返す。そのとき何かが起きたらしい。不思議なことが次々と始まる。

ある日、ヒロキは偶然にもあの少女と知り合うことになる。「さびしんぼう」と呼んでいる橘百合子がヒロキの寺の前で自転車をパンクさせて難儀していたのだ。ヒロキは思いきって声をかけた。そして彼女の関心を得ようと、わざわざパンクした自転車をヒロキは百合子の住む対岸の島まで届けることになる。フェリーに乗って坂道を登って彼女の家近くまで送ってゆくのだ。彼女は家まで来ることを拒否するが、ヒロキにはこの「向かい島」まで来れたことだけで天にも昇る心地となった。
そんなヒロキの前に突然、ピエロのような白塗りメイクでオーバーオール姿の奇妙な少女が現れた。突然現れて、何処へともなく消える彼女が名乗る名前は、なんと「さびしんぼう」! この「さびしんぼう」がヒロキの恋を見守りつつ、ヒロキの口うるさい母の肩をなぜかもつフシギな存在となる。

海峡を臨む坂の町尾道を舞台に、懐かしくもせつない初恋の物語が始まる。

ここまで書けば気づいただろう。これはSFの隣りのジャンルであるファンタジーだ。そのファンタジーに相応しい舞台が尾道だ。坂道の町並みが実に美しい。中でも、橘百合子が住む対岸の「向かい島」が幻想的だ。彼女の誕生日プレゼントを持ってヒロキが島を訪れる夏の夜のシーンは映画史上に残る名場面だと、私は思っている。

実際の向かい島は造船所の町だ。ここへ通う工員の人たちが集う町の食堂を舞台にテレビドキュメンタリーを私は制作したことがある。タイトルも「尾道さびしんぼう食堂」。1992年か3年の頃、私が広島の局にいたときだ。さらに、後に、大磯の坂の町に住むのもこの映画の影響だろう。それぐらい、この「さびしんぼう」は私にとって大切な映画だった。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2007-09-03 03:16 | Comments(0)
<< 動く居酒屋にて うまく捕まえられないのだけど >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧