人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

春のワルツ、最終回

春のワルツ、最終回

今夜が最終回だった。当初、8月の初旬で終えるだろうというのが、選挙関連の番組などが途中で入って放映計画は9月まで持ち越したのだ。

さすがに最終回は一応の盛り上がりがあったが、シリーズ全体としてはやや力不足だったと言わざるをえない。主演の男女やダニエル・へニーらは良かったのだが、設定にいささか弱さがあったのかもしれない。12話ぐらいで語れる物語を20話にまで伸ばしたのではないかと思われるような「薄さ」が気になった。音楽にも不満が残った。「クレメンタイン」は最初に聞かされたときから危惧したが、物語の進行につれて気にはならなくなったが、他の曲が「冬のソナタ」ほど心に染みるものがなかった。そして、本日の実父が死亡して病院でスホが対面するときのアリアはいただけなかった。あんなに大袈裟にすることはなかったのに。

「春のワルツ」が終わって、ユン監督は何を構想しているのだろうか。以前、聞いたときは2,3年テレビドラマから離れるといっていたが、映画への挑戦を考えているのだろうか。

今夜、ちょっと好いネタを見つけた。ユンさんに週明けでも連絡して伝えようかなと思う。
前に、このブログで「冬のソナタ」がSFだったらと書いたことがあったが、そういう仕立ての恋物語を本日読んだのだ。なかなか面白い内容であるし、しかも映像的な小説だった。折原みとという人の最新作『制服のころ、君に恋した』。

28歳になった主人公奈帆が自分の母校の養護教員として赴任する。彼女は高校生の頃、同級生のシンタと付き合っていたが、高校3年のとき不慮の事故でシンタが死ぬという辛い思いでをもっている。
そして、SF的に時間の裂け目が生まれて、教員となった28歳の彼女は18歳のシンタと再会するのだ。むろん、シンタは彼女のことは知らず、養護教員として恋の相談をもってやって来るのだ。シンタの相談する彼女とは、18歳の奈帆のことだった。
やがて、シンタが死ぬ運命の日が近づいて来る・・・・・。

20話のドラマにはならないが、単発の映画ならちょっと面白いかもしれない。今夜の「春のワルツ」を見ていてユンマジックはやはりいい。また、そういう腕を振るった作品を出来るだけ早く見たいという思いでいて、なにげなく手にした『制服のころ、君に恋した』がよかったので、ユンさんに推薦したいと思った。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2007-09-02 01:41 | 冬のソナタの秘密 | Comments(6)
Commented by H・T at 2007-09-02 11:44 x
こんにちは。やっと「春のワルツ」関連の記事が書かれていてうれしいです。ストーリー的にはyamatoさんはあまり満足されていなかったのですね。NHK版はユン監督のベストなものになったとこちらでも以前読んだ記憶があったと思いますが・・・。しかし私は一ファンとして、かなりカットされたシーンに素晴らしいシーンがあったと聞いています。なぜユン監督はここをはずしてしまったの!?と疑問に思う部分があります。だから、余計にyamatoさんも納得されないのかなと思いました。
それからもう一つ、私にもうれしい部分。ちょうど今、私も「制服のころ、君に恋した」を読んでいる真っ最中です!折原みとさんの本ですよね。
全くの偶然にビックリしました。確かにすてきな不思議なお話です。ユン監督が映像化されたらとても美しいドラマになりそうな予感がします。ユン監督と親交が深いyamatoさんにお願いです。韓国で放送された「春のワルツ」、ノーカット版とこの「制服のころ、君に恋した」のドラマ化実現に向けてお話をしていただけないかなあと希望します。失礼な書き込みで申し訳ないのですがどうかよろしくお願いします。<m(__)m>
Commented at 2007-09-03 04:19 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ボンボン at 2007-09-04 12:49 x
こんにちは、いつも楽しみに拝見しています。
私も今年の2月にトヨン君ネタを探し"管理人さん"のブログにたどり着きました。(管理人さんと呼ばせてもらいます)
ユン監督には 申し訳ないですが、春のワルツは字幕版の方か良かったと思いました。フィリップが印象に薄くなってしまったのは、確かに私も思いました。ウニョンとフィリップは、 いいシーンが沢山あったのに だいぶカットされていたように思います。
私も 是非!字幕版の放送を リクエストします。
これからも "定年再出発"楽しみにしてますので お忙しいとは思いますが 頑張って続けて下さい。
Commented by nanaohana at 2007-09-05 11:33 x
こんにちは。「春のワルツ」ファンの一人です。いつも拝見してます。
yamatoさん、ドラマコンサートに誘われていらしたのに、お忙しくて行かれなかったのですね。感想をお聞きしたくてお待ちしていました。
「春のワルツ」にもすてきな音楽、たくさんあったと私は思っているのですが。特にエス・ジンさんの歌声はとてもすばらしいと思います。
「LovePoem」や「春のワルツ」などいい曲もいっぱいです。
映像と音楽のすばらしさに心惹かれて最後まで見ることができました。
皆さんと同じく、ぜひ字幕版をすべて放送していただければと希望します。お忙しいとは思いますが、どうぞおだいじになさってください。
Commented by まりこ40 at 2007-09-07 00:27 x
やはり思い入れの違いでしょうか。
ドヨン君ファンである私は、ストーリーは度外視しているところがあります。
なので、ラスト(日本版じゃない韓国版)にしびれました。
いや、まったく…一気に韓ドラに興味を持ちました。
そして、今、冬ソナに嵌っているところです。
何がこんなに惹きつけるのか?
純愛か?
なんとも眩しい言葉、純愛。
ドヨン君次回作を楽しみに待ちつつ、ユン監督の次回作も楽しみな今日この頃です。
Commented by Pansy at 2007-11-27 20:32 x
第9回の途中から”春のワルツ”を見はじめました。韓国ドラマを真面目に見たのはこれが初めてでした。トヨン君がYundi Leeに似ているというのが見始めたきっかけとなり、今ではすっかりトヨン君のファンになっています。先日、韓国版の内容を雑誌知りましたが、やはり一時代前の少女小説のようで大人の鑑賞には堪えられないと感じました。日本のアニメだってストーリー(内容)が素晴らしいと海外から賞賛されるわけですから、やはり素晴らしい映像と音楽と俳優の上にしっかりとしたストーリーは絶対に必要だと思います。次回のユン監督作品には是非ともストーリーにも十分に気を配っていただきたいと思っています。 
<< うまく捕まえられないのだけど ワールドコン3日目 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧