人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

ワールドコン3日目

世界SF大会

横浜、ミナトミライのパシフィコ横浜で開かれている世界SF大会は今日で3日目となった。
毎日、ここへ来て取材しているが、本日は土曜日とあって一番人の出があると期待したが、ぼちぼちの数だった。登録制度で運営しているからフリーの客はいないからかもしれないが、なんとなく物足りない。外国人の姿は目立つのだが日本のファンの数が思った以上に少ないのだ。

それでも、本日の分科会は面白いものがたくさん並んだ。418室で開かれた「おたくスタディーズ」は刺激的だった。パネラーがすごい。今をときめく若手評論家、東浩紀、精神科医、斎藤環、社会学の金田淳子、ほか4人がそろい、おたくの「萌え」という現象についてあれこれ語った。午後2時から1時間の議論だ。同じ時間帯に他でも面白そうな議題がいくつも並ぶ。例えば、「SF研究、SF教育」という分科会は石川喬司、巽孝之にアメリカの日本文学研究者がからむというもの。302室では「サイエンスとサイエンスフィクションの最前線」という会では最先端研究の第一人者たちが次々に面白い研究を発表していた。

会場を歩くと見知った作家たちがあちこちにいる。栗本薫、小松左京、新井素子等など。

いささかショックだったのは、一番人気があったのが「SF化する軍事」だった。ここには若い日本の男性ファンが大勢詰めかけ立錐の余地もないほど盛況だった。戦争SFという
分野にこれほど若いファンが押しかけるとは。

今夜6時から、SFの最高の賞ヒューゴー賞の発表がある。そこで、日本のSFファンにとってたまらないサプライズがあるかもしれないと、スタンバイしていたが、その企画が潰えたと聞きがっかりした。もはや、ここに留まることも必要ないだろうと、午後4時過ぎ現場を離脱。一路渋谷を目指す。

帰社後、態勢を立て直して、新宿山珍居の外観撮影に出かけ、今戻ったところだ。
今回のロケも一応明日までとなった。最後の準備にとりかかろう。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2007-09-01 18:04 | SF幼年期の、終わりに | Comments(0)
<< 春のワルツ、最終回 疑、謀略 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧