人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

滅ぶもの

滅ぶもの

眉村卓という人は「真面目の熊五郎」と綽名されたほど生真面目だ。が、期せずしてユーモアが滲み出てくる。夜寝る前に音楽のテープを聴きながら眠る習慣なのだが、最近聞こえにくくなって医者に行ったのですよ、と眉村さんは話す。「あんた、普通寝るときは音が小さくなるのでいいんですよ、それを大きくしようとするなんて」と医者が呆れてましたわと眉村さんは笑う。

<長い地球の時間を見てくると、さまざまな種が栄えて滅んだのだから人類もいつかは滅びます。その滅ぶことを前提にしながらしっかり生きたり考えたりすることが大事なのです。ヒューマニズムが最高の価値という考え方はもはや長持ちしないでしょう。これから人類は地球はどうなってゆくのか、自分の責任としてもその行く末を見つめなくてはならないと思います。>これが、今の眉村さんの考え方の基調だ。

10年ほど前、大江健三郎さんからも滅んでゆく人類ということを聞いたことがある。大江さんはそのとき「だが、抵抗しながら滅んでゆこうじゃないか」というフランスの詩人の言葉を付け足して語ったことを思い出す。

眉村さんも大江さんも真面目だ。だが、その真面目な眉村さんですら大江さんほど生真面目に文学を追求しなくてもいいのにと呆れ感心している。そこが今回話をうかがって面白かった。
例えば、植物を移植するのにいくつか方法がある。花だけを切って別の場所で活けるということもあろう。挿し木をして植え替えることもあろう。
または根と土をごっそり抜いて藁(わら)で巻いて移植することもあろう。その際、根はあるていど切り落としながら確保するのだが、大江さんの場合は根毛の一本一本まで見逃さないという真面目さがあるのだ。そこまでしなくてもいいだろうと、私なんかは思うのですがね、と悪戯っぽく眉村さんは語った。

今、大江さんの発言が正確に分かったのでここに記しておこう。
《人間は滅ぶものだ。そうかもしれない。だが、抵抗しながら滅びようではないか。》

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2007-08-30 19:05 | Comments(0)
<< 疑、謀略 大阪の夜 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧