人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

大阪の夜

大阪の夜

上本町のホテルの一室にて、ビールを飲みながら本日の出来事を振り返っている。
本日は、朝一番に品川を出発して大阪へ入り、ホテルの一室を借りて作家の眉村卓さんのインタビューした。眉村さんの自宅は天王寺にあるが、やもめ暮らし5年の室内は出来たら避けてほしいというご要望で眉村さんの近所のホテルの部屋を借りて撮影した。

午後2時に現れた眉村さんは退院したばかりと聞いていたが、そうとは見えず元気そうだった。案の定、カメラの前では延々と過ぎし日のことを楽しそうに語ってくれた。

初夏に、眉村さんはヨーロッパのマルタ島へ行った。あのマルタ騎士団で有名なカトリックの熱心な地だ。そこへ行ったものの突然おなかを下して、現地の病院に2週間入院した。そして帰国後もしばらく病院へ入っていたというのだ。眉村さんは少しも偉ぶったところがなく、撮影が終了してもなお興味は尽きず、ホテルのロビーで小一時間話しこんだ。それは、これから眉村さんが書こうとするSFの構想についてであった。老人の境地でないと書けないSFを書くという眉村さんの意気込みが頼もしかった。

この取材を終えてカメラクルーはそのまま名古屋に向かい、私一人残って眉村さんの話をまとめたりしたが、午後7時過ぎに梅田へ行き、美舟でお好みのミックス焼きと生ビールを飲んだ。そこまでは気分がよかったのだが、京都の教え子で今年大阪の企業に就職した人に一応挨拶をと思って電話したらその人は会社にまだいた。まだ退社できないというので、私がそのオフィスの前まで行って会うことにした。

大阪の中心部のオフィスだが、周りにこれといった店もないので、駅前の自転車置き場で現状についてどうなのかと聞いた。厳しい状況にその人はいた。詳細は書かない。が、今世の中を牛耳っているのは明らかに団塊世代から一つ下の世代に移ったようだ。その人たちはずいぶん権力を振りかざし若い人たちを追い詰めている。最近そういう事例が増えていることはうすうす感じていたが、今夜の話でやはりということが多々あった。憤懣やるかたないものを感じた。

学生時代明るかったその人が、どこか重いものをひきずっていた。それを見て、本日の眉村さんとの楽しい交わりもいっきに吹っ飛び、私自身も暗く重いものをうちに抱えたような気になった。

世界陸上が開かれているというが、大阪の町にはほとんど影響もなく、依然不景気が続いていることを知るのは空車と掲げたタクシーの長い車列だ。18階のホテルの部屋から見下ろす大阪の町は心なしか自信なげな表情だ。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2007-08-30 00:00 | 登羊亭日乗 | Comments(0)
<< 滅ぶもの ヤマト発進 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧