人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

SFとKY

SFとKY

『SFマガジン』の初代編集長、福島正実という人はSFという新興の文学が既成の文壇からバカにされまいと、必死に戦った。少しでも批判されたりバカにされたりすると、目くじらを立てて反論反撃した。まるでヤマアラシのようにトゲを立ててばかりいた、と説明してくれた関係者がいたが、一方その攻撃性は彼自身がナイーブであったことではないかとも言う。

今から50年前、科学空想小説としてSFが読まれはじめたとき、マスコミの多くは荒唐無稽の児戯めいた物語と一段低い存在として扱った。その蔑んだまなざしというのは今では考えられない。その後、日本のSFが小松左京、星新一、筒井康隆、眉村卓、光瀬龍といった才能を育てたのだから。

横浜で開かれる国際SF大会(ワールドコン)に出席するアメリカの作家ディビッド・ブリン氏に昨日インタビューしたが、彼は宮崎アニメなど日本の優れた現代分化を生み出す大きな契機として、小松たちの存在は大きいと、日本のSF作家たちの功績を高く評価していた。

話はまったく違うが、流行語で「KY」というのがある。「K=空気」が「Y=読めない」という意味だそうだ。くだらない言葉だ。まるで、30年ほど前に流行った山本七平の『空気の研究』の再来かと思ってしまう。このKYという言葉は明らかに人を小馬鹿にしたニュアンスがあるのはすぐ分かる。

おそらく、40年か50年前にはSFという言葉にはそういうニュアンスをこめて語られたときがあったのだろう。こういう悪意に取り巻かれていたからこそ、幼年期のSF作家や翻訳家、評論家たちのきづなは強かった。いつも群れていた。仲間だけで気のおけない場にいたときの会話やジョークは抱腹絶倒だ。今回、私たちはその愛すべき対話が一部録音されたものを発見した。未来を語る真面目なテーマだが、対話の端々にジョークが挟まれているのだ。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2007-08-28 09:16 | SF幼年期の、終わりに | Comments(0)
<< ヤマト発進 コマッタモン >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧