人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

コマッタモン

ある個人雑誌

『小松左京マガジン』という個人雑誌がある。バックナンバーを見ると30号を超えている。
50から70ページほどの小冊子といっていいかもしれないが、面白い。誰が企画を立てているのかSFのツボというかキモというか心得ていて、毎号特集が面白い。いろいろな作家やSFファンが意見を寄せている。誰も小松左京に対してこよなく好意を抱いている、ということがひしひしと伝わる。

その中に、小松左京の「漫画」を見つけたというエッセイがあった。筆者は小松多聞。どうやら左京の息子らしい。多聞氏が幼い頃実家の物置で小松左京が若かりし頃描いた漫画を見たことがある。長じて、その漫画が伝説化していて今売ればいい値段になるだろうという情報を知って、再度家捜ししたらその漫画が出てきたと、多聞氏は報告している。筆者の写真が文章のそばにあったが。左京氏と下膨れのところが似ている。こりゃあ、たしかに実の息子だ。そうに決まってらい。

それにしても、多聞氏は文章がなかなかいいのだ。洒脱で軽妙で。だいたい、コマツタモン、なんて筆名を使うなんざ、たいしたタマだ。

だが、この多聞氏の境遇を考えているうちに、同情の念が沸いてきた。こんな偉大な父親をもった息子の生き方も大変だよな。こんなSF界のブルドーザーと異名をとる精力的な作家を父にもったら、何をやっても超えることができず子供としても大変だったと、つい同情したくなる。

今、やっている番組で、小松さんのアルバムを見る機会があった。小学生らしい男の子がシェーをやっていて小さな赤ちゃんを小松さんが抱いているという家族写真を見つけた。男の子はいかにもワルそうだ。この男の子がタモン君かな。別の写真では子供たちの手を引いている小松夫人が写っていた。安気で悠々とした人物と見受けた。どうやら、子育てを立派にやり遂げたのは夫人で、小松左京自身ほとんど手助けもしていないのではないか。これは私にとって他人事ではない。身につまされる。と言った舌の根の乾かぬうちに、都合のいい金言を思い出す。
親がなくても子は育つでなく、親があっても子は育つ。たしか、あの坂口安吾氏が言っていたと記憶するが・・・。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2007-08-27 20:13 | SF幼年期の、終わりに | Comments(0)
<< SFとKY クワタくんは楽しいのだろうか >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧