人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

美人薄命

山口小夜子さんの死

取材先から戻ると机上にファックスが届いていた。訃報だ。本文にちらりと山口小夜子という字がみえた。山口さんの事務所からの連絡が入っていた。何と律儀な。山口さんの親族の死まで、私のような仕事関係にまで送ることはないのにと思いつつ、最後まで読んで驚いた。本人が8月14日に死んでいたのだ。

嘘でしょう。1年前に会ったときは微塵も死の影はなかった。私と同年の59歳で死ぬのは早すぎる。事故でもあったのだろうか。訃音の本文には急性肺炎で亡くなり、親族で密葬したとある。

日本を代表する世界的モデルだった。世界の6人のモデルの一人に選ばれるほどの人物だった。70年代の日本を代表する人物だ。私は彼女の「世界わが心の旅・モロッコ」を作ったり、「課外授業」を作ったりしたことがある。打ち合わせや打ち上げで4回ほど食事をしたり酒を呑んだことがある。いつ会っても冷静で理性的な人だった。人を思いやる優しい人だと、私は感じた。すぐファンになった。

横浜、中山手の小学校で「課外授業」を撮影したことが忘れられない。母校の後輩の小学生を相手に3日にわたって授業をし、最後に手作りのファッションショーを開いたのだが、普段の宇宙人のような彼女と違って、隣のきれいなお姉さんといった感じで子供たちに接していた。これまで見たことがない優しく穏やかな小夜子さんだった。

池上の本門寺の境内で彼女のパフォーマンスを見に行ったことがある。月に照らされて雨上がりの石畳で絹をまとって駆けてゆく姿は、この世の人とは思えないほど美しかった。

彼女と会うと話題になったのは、寺山修司のことだ。小夜子さんは寺山の短歌をすらすらと朗読した。暗唱してあるのだ。彼女がつぶやくと言葉が金色の鳥になって舞った。
大工町寺町米町仏町老母買ふ町あらずやつばめよ 
新しき仏壇買ひに行きしまま行方不明のおとうとと鳥 

寺山の死も40代終わり、小夜子さんの死も50代の終わり。かくして、山口小夜子はレゲンデ(伝説)となった。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2007-08-20 22:44 | 魂のこと | Comments(2)
Commented at 2007-08-21 15:54 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2007-08-21 23:25 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 言葉あそび 人酔いの中で >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧