人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

「冬ソナ」と「時かけ」

「冬ソナ」と「時かけ」
「冬ソナ」と「時かけ」_c0048132_17323311.gif


筒井康隆のSFジュヴナイル小説、名作の誉れ高い「時をかける少女」。これは1965年に学習雑誌「中学3年コース」で発表された。筒井のちょうど人生の転換点に出た作品だ。この年、彼は結婚し東京へ出てきて本格的にSF作家の道を歩みはじめるのだ。60年代は世間のSFへの偏見はつよく一般文芸誌でも書く場所が少なかった。その中で高校一年コースとか高校時代といった学習雑誌はSF作家にとっては得がたい場であった。筒井もそこで健筆を奮ったのである。

学習雑誌という舞台にふさわしく「時をかける少女」略して時かけの主人公も中学生として設定され、SFの王道であるタイムトラベルを駆使した青春小説だ。筒井の原作は他のドタバタやブラックな表現とちがって、ストレートな純愛を打出していて、私は好きだ。

今回制作しているSFの番組の参考にと思って、昨夜、大林宣彦監督による映画「時をかける少女」を見た。そこで意外な発見をした。ユン監督の「冬のソナタ」は、この映画からかなり影響を受けているのではないかという発見だ。

これまでも、岩井俊二監督の「ラブレター」との共通性はファンの間でも囁かれてはいたが、「時かけ」との類似性というのは寡聞にして私は知らない。

映画の時かけは舞台を尾道にしてある。そこの中学校に通う芳山和子(原田知世)、そして二人のボーイフレンドとの関係が物語の軸になっている。学園ドラマだから通学風景が冒頭から登場するが、この学生服姿を見たときから、無意識で何かと似ていると私は感じていた。

男子二人が学校の隅にあるゴミ焼却場で対話するシーンを目にしたとき、「冬のソナタ」のチュンサンとユジンのゴミ焼却場の作りと同じではないかと思いはじめた。芝居が似ているわけではないし、画の作り方が似ているわけではないが、そこに流れる雰囲気が同じだと感じた。

そして、朝の登校風景で、すっかり私はこの映画から、ユン監督は「冬ソナ」のイメージを作るのにかなり参考にしていると確信した。「冬ソナ」の冒頭は遅刻しそうなユジンが正面奥の石段を降りてカメラに向かって走ってくる。時かけではこれと同じ撮り方の登校シーンがあるのだ。坂の町尾道だから、石段から駆け下りてくる必然性がある場面だ。制作の年次が時かけのほうが先だから、これはユン監督が真似をしたなと思う。

真似をすることは悪いことじゃない。だいたい表現というのはオリジナルと言うものはほとんどないのだから。ユンさんが「冬ソナ」の純愛の高校生という立場を表すのに、大林監督の青春映画を参照にするというのは十分考えられるから。

そして、画の共通性でなく、内容的な類似性として捉えられるのが、あの小鳥のようなついばむようなキスの場面だ。「時かけ」ではキスの場面はない。が、チュっと吸いつけられるようにするアベック人形が随所に出てくる。小物好きのユンさんがこの人形に魅せられ、そこから、雪の中のあのキスシーンに昇華させたというのは十分考えられる。

さて、この大林作品は前から見たいと思っていた尾道三部作の一つだが、今回見て、実に映画的によく出来ていると感心した。日本映画ベスト50にいつも入っているのがよく分かった。しかし、主人公の原田の初々しいこと。昨年、黒木監督の「紙屋悦子の青春」もよかったが、このデビュー作品は彼女の最高の作品だ。
 

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2007-08-18 17:29 | SF幼年期の、終わりに | Comments(0)
<< 頭でっかちの人 この暑さとSF >>


最新のトラックバック
外部リンク