人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

記録すること

記録すること

ドキュメンタリーという言葉の元にあるのは、裁判所の調書、ドキュメントを指すということらしい。記録されたものという意味だ。

記録というと文字で残されたという意味が強いのはその成り立ちにあるのだ。
だが、現代では記録する、あるいは記録したという事柄は文字だけではない。録音テープにしろビデオテープにしろ、DVDにしろ、パソコンのメモリーにしろ、すべて記録という機能があって音や映像が残されるのだ。これらの電子機器の使用する形態を、記録されたものという表現を使うとき、なんとなく違和を感じるのは私だけだろうか。

記録するにあたる英語はレコードだ。いわゆる音盤のレコードは元来音声を記録したものだったから、英語圏ではビデオで収録すること、つまり録画をレコードと称することに抵抗はないのだろうか。

今、取材中の番組では一本の音声テープが重要な役割を果たすことになる。なんといってもSF作家クラブが誕生した瞬間を“記録”しているのだ。1963年の出来事だ。

番組の企画を立てるとき、過去の出来事を記録したものを発見することがなにより大きな力となる。かつては書物や書き物、石碑であったが、昭和30年代以降であればなんらかのカタチで音声や映像が残されていることが多くなった。それを探すことは、番組制作者の大きな仕事だ。

1994年に広島カープの津田恒美投手の人生を描いたことがある。炎のストッパーと言われた津田が脳腫瘍で倒れ、再起をめざすドキュメントだ。この番組の取材中に担当ディレクターは津田が病から立ち上がってリハビリに励む映像を見つけてきた。プロ野球選手として活躍する津田の映像はふんだんにあったが、闘病の姿はむろん誰も見ていなかった。どうやら、これは妻の晃代さんが民生用カメラで撮影したものらしい。画質はあまりよくないが、事実のもつ重み凄みがあった。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2007-08-09 09:13 | テレビって何だろう | Comments(0)
<< ドン・キホーテ 仕事誌 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧