人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

爽やかな夏の朝に

カズオミの死

昨日の朝、新幹線の車中で29日深夜福原一臣が死んだことを知った。ガンとの5年間にわたる壮絶な戦いの果ての死であった。
彼よりも後に発見された妻シスカのガン。にもかかわらず、シスカは昨夏カズオミよりも先に逝った。闘病していたカズオミは妻の死に打ちのめされていたが、それでも1年間生き延びた。その間、芝居の公演を2回うったと聞いている。よく生きたと言ってやりたい。

カズオミが倒れて2回見舞いに行った。一度はシスカの入院のときだ。髪がすっかり抜けたシスカの傍でカズオミはいつもどおりの冗談を言いながら弱弱しく笑っていた。そしてシスカの死。葬式の会場で青ざめた笑いを浮かべているカズオミを見た。

その直後、カズオミが入院したと聞いて、都立駒込病院へアツコさんやカズコさんとともに見舞いに行った。骨折がしやすくなっていると言いながら芝居の稽古に行くなど生きぬく意欲はあった。あれから半年。

気になっていて、時間が出来たら一度見にいこうと思っていたがとうとう行かずじまいで終わった。

クボカクが死んでミヨが死んで、ドピローが倒れて全身不随となり、シスカが死んでカズオミも逝った。
一番年長のミヨですら60代後半だった。クボカクもカズオミも61歳。シスカは56歳で昇天した。それにしてもみんな早すぎる店仕舞だぞ。
私の荻窪時代が消えてゆく。

荻窪の天沼2丁目に住んだのは1974年から1978年にかけて私が26歳のときから31歳までの時期だ。天沼八幡の前にある喫茶店ぽろん亭に出入りするようになって、店主のミヨ、評論家のクボカクとアツコさん。新宿ボロン亭のマスターのドピローとカズコさん、黒テントの役者カズオミとシスカ。ミヨのキューバ時代の友人コーイチとレイコさん。そのほか不良アメリカ人アンディや大学生のモッチャンやココ、キイパンチャーのシズコさん、主婦のセツコさんらを知った。

ぽろん亭が9時に店を閉めると、毎晩のようにそこで酒盛りをした。劇団の製作にいたことのあるミヨや役者のカズオミの話題がいつもあった。政治の季節はまだ続いていたから、日本の保守を酷評しロッキード事件の陰謀をあれこれ推測した。
みな金がなかったから、カンパしてサントリーの白を買って水割りで飲んだ。ときどき、ミヨが炒め物を作ってくれてそれを肴にして飲んだ。キノコの炒めたものが出たときはみな歓声を上げた。食べ終わったあと、ミヨはこのキノコはそこの電柱に生えていたものだと告げた。それって、よく散歩の犬が小便をぶっかけているやつだ。全員、立ち上がって外に吐きに行くのであった。

カズオミの黒テントが芝居をうつと全員で見に行ったものだ。冬の寒い大泉の野原にテントが建てられたときは、簡易便所が2箇所しかなく長い列が出来た。その場所とりにみんなで協力した。そういう連帯はふだんはまったくなく、好き勝手に呑んだくれていた。風邪を引いてアパートで寝ていても、飲む相手をしろとたたき起こされることもあった。明け方まで呑んでしゃべっていた。

この記事を京都からの帰りの車中で書いている。青い夏の空が広がっている。山入端にこぶりの積乱雲が浮かんでいる。
昨日、告別式だったが、私は参列できなかった。まあいい。2回目の見舞いのときにカズオミとは別れの言葉を交わしたような気がしている。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2007-07-31 12:45 | 魂のこと | Comments(0)
<< 雨の降らぬ間に 立ち往生 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧