人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

師と弟子

師と弟子

今朝書いたブログの大学文学部論(?)は中島義道の文章に引っ張られて面白可笑しく仕上げたが、ここ数日ずっと脳裏を占めていたのは師と弟子の関係であって、それへの傾倒を韜晦することもあって、あんな文章になった。四方田犬彦の新著『先生とわたし』の影響と大学という解釈共同体の存在に私の関心が集中していたのだ。

四方田は東大英文学教授の由良君美と自分のことを語りつつ、師と弟子の在り様を人文的教養の再構築のためのよすがにしたいと考え、この本を書いたと記している。感動の出会いから蜜月、離反、師の死、和解までの四方田の筆はたゆむところがなく、感動のうちに読者を最後まで導く。この本を手にとったのは、私の師匠である久保覚のことが言及されているからということだったのも何か縁を感じる。この本から導かれる主題はもう少しゆっくり考えるとして、取り急ぎ「師と弟子」の類型を記録しておこう。

内田樹はレヴィナスの研究者でなく弟子だと自称している。〈ものの考え方のかなりの部分を、私はレヴィナスから学習し、それをたよりとしてすでに二十年近くを生きてきた。〉

四方田は学部生の頃に現われた由良の颯爽に惹かれ、師として慕うようになる。10数年後、四方田は理不尽に由良に腹を殴られて疎遠となる。

作家豊田有恒の師はSFマガジン編集長だった福島正実だ。学生時代にSFコンテストに入賞したことから交流が始まり、福島の指導の下豊田はハードSFを書く。豊田の書いた原稿を福島は独断でいじったりカットしたりしたが、豊田は受け入れるしかなかった。
ある事件が起きて、豊田は福島に抗議をして二人は決別する。やがて福島は47歳で死ぬ。それから二十年も経過して著したエッセーで、豊田は福島への思慕を記す。

私は、といえば、師の久保を畏怖した。私は久保に研究するようにと与えられた主題を、友人と共同で行おうとしたことから久保の逆鱗に触れた。久保は表現することに対して不誠実であるというようなことを言って私を叱った。というより罵倒した。私は尻尾をまいて逃げ出した。数年間、久保の目を畏れて行動していた。数年後いつのまにか交友は戻っていたが和解復元の記憶がない。そのあたりの記憶を私はいまだに抑圧している。

内田は『レヴィナスと愛の現象学』でこんなことを書いている。
《「弟子になる」、「師に仕える」とは、まず「師を畏怖する」ことを学習することから始まる。》

一方、師はかならずしも道徳的に完璧ではない。ないが、師の位置にある。「完全なる無謬の師」という物語(内田樹)を師は生きている。


来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2007-07-28 14:58 | 登羊亭日乗 | Comments(0)
<< 今夜は花火大会 勉強って何の役にたつのか >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧