人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

 月進日歩

 月進日歩

本日はロケなり。晴れていてよかった。ただいま6時過ぎ、今のうちにブログを書いておこう。

今日のロケは2箇所。一つはSFマガジンの元編集長の世田谷の自宅。もう一つは新宿、山珍居の宴会場だ。山珍居はSF作家クラブがたびたび会合として利用した台湾料理の店である。ここで日本SF作家クラブの旗揚げが行われた。現在の店は当時の場所から少し離れた場所に移転したが、移転後も作家たちはここを根城にして談論を風発したという。

当時を再現する小道具を探した。オープンリールのテープレコーダーである。40年前に作家たちはそれを利用したと記録があるのでイメージとして使いたいと、録音がカセットでなくリールで巻き取る旧式のテープレコーダーを昨日探した。

30年前、私が駆け出しのディレクターだった頃はラジオ番組も隆盛で、取材にはデンスケという小型の録音機を担いで行ったものだ。肩掛けカバンほどの大きさだが重さは20キロほどあったか、一日中担いでいるとすっかり草臥れるという代物だった。そうやって取材してきたテープを編集するための大型録音機が局内のあちこちに置いてあった。ラジオのスタジオにも備えてあってどこにでも見かけたものだ。

その後、録音のシステムはカセットテープになりDATに変わっていった。今の若いディレクターにオープンリールの録音機と言っても通じない。
ロケでその大型の録音機が必要とあって昨日調達に走った。システムが変化したからといって、放送局だからさすがに一つや二つあるのではと聞きまわったが、誰も知らない。年配の者は話を聞くと「そういえば、あれだけあったデッキが今では全然見ないなあ」という返事だ。一番ありふれたものだからこそ今では残っていない。

 ビデオテープもこの20年VHSが隆盛だった。番組の編集には市販のVHSテープを使用したから45分サイズの番組を作るとなると、VHSの60分テープがあっと言う間に50本ほど使用した。そこらじゅうに使用済みのテープが山積していた。ところが、この民生用のVHSテープの生産からメーカーは徐々に撤退している。最近では箱売りのテープがなくなったと聞いた。このままで行くと4年後の地デジ時代に入ると現場はおろか家庭にもTSUTAYAにもVHSのテープが消えるかもしれない。一番ありふれたものが一番珍しくなるというのが鉄則のようだ。まるで恐竜の隆盛と消失のようだ。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2007-07-26 07:18 | 登羊亭日乗 | Comments(0)
<< ブログの効用 熱中症に注意 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧