人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

20年も昔

20年も昔

女優の栗山千明さん(23)と話していてエイトマンのことを知らないので驚いた。
彼女はアニメとかフィギュアの好きな人だから当然知っていると思ったのだが、1963年に登場したアニメなどというのは彼女らの世代では江戸や明治といった“歴史”と同じになっているのだ。

50年前でなくとも20年でも十分過ぎ去った過去になっている。最近の学生と話していると同時代と思っていることが食い違うので戸惑うことも多い。先日も大江文学のファンだという学生が、「大江さんの研究書を読んでいたら、先生が昔制作したドキュメンタリーがあると書いてあったのですが本当ですか」と“嘘”のような質問をされた。

ノーベル賞を受賞した年に放送された番組だから研究者として当然見てもいるだろうと思ったが、その学生が10歳のときだから同時代の出来事として捉えられなかったようだ。
いわんや同じ年に放送された津田投手の番組を挙げても、それはどういう人物ですかと逆に問い返される。同じ時代を生きているからと言って、“常識”と括るのはあぶないことだと痛感する。

 自分の認識を点検してみる。20年前に思っていたことと現代でかなりずれたこととは何であるかと。
大きなことではパソコンとケイタイだ。当時はまだ実用化がここまで進むとは想像もつかなかった。コンピュータの未来はIBMやクレイといったスーパーコンピュータが進展していくもので、個人の小さなものがこれほど能力をもつとは考えも及ばない。中国の発展も目覚しい。20年前には、中国の製品というと筆とか硯、民芸品雑貨品が社の食堂の片隅で特売店を売られる程度であった。工業製品が出来るとは思えなかった。

大江さんが小説の終筆宣言をしたときに、これからどうしますかと尋ねると、ファンタジーを書いていこうかなと答えた。これが理解できなかった。それはどういうものですかとさらに聞くと、少年少女に向けた物語だよと笑いながら教えてくれる。それって小説とは違うのですかと問えば違うという。同席していた新聞記者たちも分かったような分からないような顔をしていた。

その後である。エンデの『モモ』が出たり、『ハリーポッター』や『ロードオブリング』が登場して、人口に膾炙してゆく。
動いていないようで、わずか20年でも世の中動いているのだ。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2007-07-23 09:37 | 登羊亭日乗 | Comments(0)
<< ウチダ本 夏の初めのカラオケで >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧