人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

走りながらゴールを探して

疾走しながらゴールを探して

昨日の長い一日は午後10時に終わった。朝10時からスタジオ収録の準備を開始したから、まる12時間働いたわけだ。その間、四人の作家と一人の編集者、そしてキャスター二人のコメント収録だった。この人の出入りだけでも神経を使ったが、なによりSFの巨匠四人との対応にはすっかりくたびれた。

とりわけ気を使ったのはコマツ大老人とダンディツツイのお二人だ。両者とも最近はなかなかテレビに登場することはないので、得がたい機会だと思って、いろいろと仕掛けをほどこして収録に臨んだのだ。結果はまずまずだったろう。もう一度収録ビデオをチェックして内容を把握しないとなんとも言えないが、当初聞きたいと考えたことは一応撮れたのではないだろうか。

収録の最初はコマツ大老人で、車椅子でスタジオに登場した。150坪ほどのスタジオには制作スタッフが20人ほど立ち働いている。そこへコマツさんの入場がADの「コマツ先生の入場でーす」の大声で告げられる。すると、車椅子のコマツさんは負けないくらい大きな声で、「半分、死んでまーす」。全員大爆笑。

続いて、ツツイダンディが颯爽とスタジオに入った。他の出演者はノータイというなかでツツイさんは放送が10月中旬ということを意識してチョッキをつけたスーツにタイという相変わらずのダンディぶりであった。所属がホリプロというダンディはやはりテレビ映りが一番格好よかった。

この二人にプロフェッサーイシカワが加わり、往時の日本SF作家クラブの「研修旅行」の8ミリ映像を見ながら、想い出を語ってもらった。

収録の最後に、司会の小山薫堂さんと栗山千明さんのやりとりを11シーン撮ったのだが、この頃になると、私の頭脳に半分靄がかかった状態となる。

この番組の作り方は普段のそれと少し違うのは、情報を集めて取材の後半にまとめてスタジオに臨むのを、最初にスタジオから始めたという点だ。おおよその構成の流れを予測してスタジオを撮ったが、これからの取材でゴールも構成も変化するかもしれない。まあ走りながら考えてみようと、自分に言い聞かせている。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2007-07-22 10:15 | SF幼年期の、終わりに | Comments(1)
Commented by タイムブログランキング at 2007-07-22 14:18 x
ブログランキングご参加〔相互リンク〕のお願い

サイト名:タイムブログランキング
URL:http://www.time-ranking.com/

はじめまして、「タイムブログランキング」管理人の水本と申します。
先日、BLOGランキングサイトをオープン致しました。
現在ご参加いただけるブログ様を募集しております。
ランキング参加はもちろん無料です。

是非、貴ブログ様のご登録をご検討下さい。
よろしくお願い致します。

コメント欄をお借りしてのご案内をお許し下さい。


※検索サイト・ランキングサイト等より訪問しております為、
重複してのご案内になりましたらお詫び申し上げます。


<< そこからやってきた暗い谷へと 追悼番組 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧