人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

バガボンの未来論

バガボンの未来論

1969年に録音された座談会テープを聴いている。そこで語られていることがあまりにおかしいのでそっと誰かにこの話をしたくなった。このテープは大伴昌司の遺品にあったものだ。少年誌の巻末座談会に使われた記事のための録音と思われる。出席している人物は、どうやら小松左京、星新一、平井和正で司会が大伴のようだ。テープのラベルは「未来はきみたちのもの」と記されてあるから、50年後の21世紀になったとき世界はどうなっているかということを、SF作家たちが集まって放談したと思われる。休日の寝坊している布団の中で録音を一人で聞いて笑い転げる。

内容はもちろん放談ではなくきちんとした裏づけのある未来論だが、話をしている作家たちのくだらないジョークに「放談」だといいたくなる。噂に聞いていた、星新一のジョークというのがすさまじい。奇妙奇天烈、奇想天外、奇抜奇警、とにかくこんなくだらないことをよく思いつくなあと呆れてしまう。

今年出版された、最相葉月の『星新一』は星の不思議な生き方を活写して今年のノンフィクションの収穫の一つと呼び声高い。そこでも星の珍無類のブラックジョークがふんだんに出て来るのだが、今回その星の肉声でそのきわどいジョークを聞いていて何度もウヒャヒャと腹をかかえた。そのさわりをちらっと紹介しよう。

話題は21世紀中ほどになったとき世界はどうなっているかという未来の予測だ。海洋海底から娯楽、教育、育児まで多岐にわたる。
世界ハイウェーが出来て、日本から南極まで道路がつながるだろうと博識の小松がまず口火を切る。日本列島にはあちこちに橋が架かると4人の作家は予測する。実際に本四大橋が出来たり東京湾アクアラインが出来ているから、彼らの推測したことはかなり理にかなっていたわけだが、この東京湾に橋を架けるというところで、星が半畳を入れるのだ。橋を建てるために海の水を掻い出すことになる。すると、東京湾の海底にごろごろと白骨死体が見つかるという。「これで迷宮入りした事件は解決だな」と一人ごちた後の言葉。「さらに発見されるのが膨大なコンドームの山」

宇宙旅行の話だ。理論的には宇宙服さえ着ておけば火星まで歩いて3年で往復できるという。それじゃ、ヨットでも作ってそれで往復すれば「宇宙ひとりぼっち」だなと堀江謙一の太平洋横断にかけて話すところまでは、星も真面目だ。
でも3年間も宇宙服を着ていて背中がかゆくなったらどうするのだと星が言い始めると、SF作家たちは悪乗りを始める。「宇宙服の中に自動孫の手を作ればいいさ」と平井がまぜっかえす。あまりのくだらなさに開いた口がふさがらない。大の大人が「仕事」をしているとは思えない。

海の生物の全重量の20パーセントはプランクトンで、プランクトンが異常増殖するということを小松が発言すると、話がまた星によって横へそれる。「プランクトンを養殖できるなら酵母菌を養殖したらどうだ」他のメンバー「?」と訝る。「だって、そうなりゃ、海全部が酒になるぜ。養老の海だ。」海風が吹くだけで人々は酔っ払ったりしてと、星の妄想は際限なく続く。

座談の途中で小松が呆れて「ここでの未来論はバカボンだな」平井もけらけら笑っている。一人司会ということで真面目なのが大伴昌司であった。

ここでお昼になり、会社へ行く用意をしてテレビをつけたら、新潟地方で震度6の大きな地震があったと報じている。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2007-07-16 14:46 | SF幼年期の、終わりに | Comments(2)
Commented by おかもと at 2007-10-21 14:50 x
このテープは、「週刊少年マガジン」講談社 1968.5.19 に掲載された「21世紀大冒険 未来探検図解座談会」のものではないでしょうか。
http://homepage3.nifty.com/hiraist/mokuroku/bib/bib5_ni.html#NI0060
Commented by おかもと at 2007-10-21 23:37 x
番組を観終わったところです。
やはり少年マガジンの座談会だったんですね。
<< 新潟中越沖地震 吹き返しの風 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧