人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

SF版冬のソナタ

SF版冬のソナタ

必要があってSFの解説や入門書ばかり読んでいる。とくにSFマガジンの初代編集長福島正実の議論は初心者には分かりやすく、その論旨、理路をノートしている。そのなかの一つからある類推をした。

福島が引用していて彼も同意しているSFの定義。
《未来の科学的発見から生ずる人間のドラマ、闘争、冒険を扱った小説》(エンサイクロペディア・ブリタニカ)福島はSFはまずなにより小説であって、合理的な科学知見(予想も含む)に基ずいて書かれたものと考えている。宇宙人が登場しタイムマシンが使用されるのもその可能性が否定できない以上、それらも駆使して空想することもありという考え方がSFという。

そこでふっと思いついた。「冬のソナタ」をSF的に読みなおしてみたらどうなるかと。冬のソナタはSFではないがSF的要素はいくつもある。
例えばチュンサンという謎の転校生は異空間からの出現じゃないか。彼が事故に遭って突然消えることもいろいろ合理的な説明を加えているが、消失とみなすこともできるのじゃないか。そうやって考えて見ると、チュンサンとミニョンは単なる交通事故の記憶喪失による同一人物だという設定も見なおしてもいいのじゃないか。
つまり、交通事故に遭ったチュンサンはいったん異空間に入りこみもどって来たとしたらどうなるか、という仮説だ。むろん、この仮説でも記憶喪失という装置は働くことになるのだが。

SF版にすると、かねてから疑問に思っていた最終話のオリジナルの映像の意味が理解できるのだ。ユジンが留学したパリから戻ってきたとき、よちよち歩きの子どもを追い駆ける場面がある。それを見ているチュンサンの後姿が韓国版にはある。この後ろ姿の存在をどう解釈するかファンの間で長く議論された。非SF的つまりリアリズムの世界ではあってはならないシーンだがSF的であればチュンサンがそこに突然立っていることもありだ。

ユン監督のドラマには「春のワルツ」でも交通事故や難病が大きな契機に成ることが多い。それって、SFで言われる時空間が歪むという装置だと考えるわけにはいかないだろうか。
――などと、この2,3日SF魂を注入された私は四季四部作を再解釈したくなってしまった。

そもそもユン・ソクホという人物自体が2000年代に入った日本に突然現れた謎の人物ではないか。私は冬ソナ現象の最大のキイパーソンはぺ・ヨンジュン氏やチェ・ジウ氏ではなくユン監督だと考えている。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2007-07-01 10:21 | 冬のソナタの秘密 | Comments(0)
<< 逆SF SF幼年期の >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧