人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

夕焼けと銭湯

夕焼けと銭湯

諫早と言う町がずっと気になっている。佐賀から長崎に向かう途中にあり、町の両脇に大村湾と有明海が迫っているため、諫早は「つなぎ」の町のようにみえる。だから地峡の町と言われる。本州の西端にある人口7万ほどの小さな町だが城下町であり、高名な文学者を幾人か輩出している。伊東静雄、野呂邦暢、林京子、近年では脚本家の市川森一らがいる。林は長崎原爆に被爆後長く諫早で少女時代を送っている。

野呂邦暢の『小さな町にて』というエッセーとも小説ともいえない作品を読んだ。彼が大学受験に失敗して京都や諫早、東京を彷徨する自伝的作品だ。そのなかで大森山王に住んだときのことが出てくる。彼は映画と古書店を巡り歩くことが好きだった。お気に入りだった山王書房という古書店の主人について、野呂は書いている。
その主人は、俳句と歌と古書が好きでさらに夕焼けと銭湯が好きだったと、野呂は懐かしそうに書いている。「夕焼けと銭湯が好き」という、この一節が気にいった。

今では高いビルが並んでいるが、昭和30年代には大森はまだ閑静な住宅街だった。坂の多いこの街では夕焼けがさぞ美しかったのだろう。家々には内風呂が少なく、たいていは銭湯へ通った。明るいうちに風呂に漬かることは最高の贅沢だった時分だ。

野呂は若くして亡くなるが、端正な文章は早くから知られていた。彼の世界にながくこだわっていた人を知っている。向田邦子だ。向田は最晩年に野呂の「落城記」をテレビドラマ化している。主演に岸本加代子を抜擢した。この撮影の感想を報告したのが、岸本が最後に見た向田の姿だったということを、私は岸本から聞いた。その折、向田がどれほど野呂邦暢の小説を愛していたかを岸本は話してくれた。

私の中に、伊東静雄―野呂邦暢―向田邦子という一つのラインがずっとある。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2007-06-28 11:25 | 賢者の面影 | Comments(0)
<< 惑放 10万通、有難う >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧