人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

闘ふ三味線

闘ふ三味線

梅雨の晴れ間、大磯は新緑が美しい。カラスの鳴き声で目が覚めた。

日曜日に放送した「闘う三味線 人間国宝に挑む~文楽・一期一会の舞台」の反響が静かながらじんわりと来ている。ハイビジョンという小さな放送の媒体だから大きな声にはならないとしても、いくつかの感想や批評が届いている。そして概ね好意的な評価を与えてくれている。7月2日にハイビジョンで再放送の予定である。ところで、このタイトルだが亀井文夫の「闘ふ兵隊」を想起してなぜか闘ふと表記したくなる。

昨日、千代田区番町の鶴澤清治さんのお宅に伺いお礼を申し上げた。
清治さんご夫妻は今回のドキュメンタリーの上がりをとても喜んでくれた。自分でもリサイタルの本番は会心の出来だったから、あの番組の流れに素直に乗ることができたという清治さんの評価であった。それにしても映像というものは人間の目ではこぼれてしまう「事実」を怖いぐらいとらえるものだねと、清治さんは回想する。

画に関しては及第点をいただいたが、音声について専門家の厳しい意見があった。三味線の音色がややこもっていて切れ味のいい表現がかすんでいるとのこと。これはエンジニアの技術というより現在使われているガンマイクの構造に問題があるのではないかという指摘だった。今ロケで多く使われるマイクは風に音が吹かれないように表面にもじゃもじゃの繊維をまとっている。人間の声を録音するにはいいのかもしれないが、三味線のような鋭い音質には不向きではないかという、いかにも音楽家の厳密な意見だった。これからの取材に十分留意していきますと私は申し上げると、よろしくと清治さんは微笑んだ。

1時間ほど話し込んで辞去した。雨があがっていた。ベルギー大使館の夾竹桃の葉が美しかった。
来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2007-06-27 08:14 | 新しい番組を構想して | Comments(1)
Commented at 2007-06-27 17:07 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 駅に巣を作る燕 ソフィーの選択 >>


最新のトラックバック
外部リンク