人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

映像の進化のよしあし

映像の進化のよしあし


「闘う三味線 人間国宝に挑む」はついに昨夜完成した。番組登録が終了する9時直前に持ちこんでぎりぎりで間に合った。後は24日の放送を待つだけだ。

自分で言うのもおかしいがよく出来た作品になったと思う。主人公が魅力的であるし、物語のウゴキもあって骨太のヒューマンドキュメンタリーに仕上がったと感じている。持論の1ヒト2ウゴキの法則にかなっている。番組に勢いがあるのがなによりいい。

 最近、テレビを見ていると、洒落ているしうまいと思うがどすんと腑に落ちる番組が少なくなった。自戒をこめて考えた。

 映像のツールが進化してさまざまな表現が容易になった。例えばディゾルブである。画面と画面が重なり合うオーバーラップのことだ。30年前、VTRがまだ発達しておらずフィルムが中心だった頃はディゾルブ処理することは大変だったのだ。というのは先行する画がじょじょに消えてゆき(溶暗)、後発する画がじょじょに暗闇から現れてはっきり浮かび上がるというふうに現像して初めてオーバーラップが可能となったのだ。手間ひまがかかるからめったにディゾルブを使わなかった。

 現在のビデオでコンピュータ処理になると、いとも簡単にオーバーラップは出来る。すると多用される。安易に使われると映像があまくなってくる。音楽番組などを見れば分かる。歌い手のルーズショットからアップへの切り返しまたはその逆の切り返しなどはほとんどディゾルブだ。カットつなぎなどしない。そのほうが洒落て見えるということなのだろう。こうして、今やドキュメンタリーですら大半がディゾルブで画がつながれ、カットでつながるようなことは少なくなった。流行もあろうが技術的に簡単になったこともあろう。

 そうやって映像処理が進化したおかげでさまざまな表現が可能となったが、安易でお決まりな表現に陥りやすくなってもいる。

最近テレビが面白くないといわれるが、(私も含めて)作り手のなかにオートメーション化(慣らい仕事)が起きているのではないか。

今回の「闘う三味線」は90分の番組だがディゾルブはわずか2カットしかない。番組の主題がはっきりしていて登場人物のモチベーションも明確であると、番組は「楷書」のような分かりやすく勢いが出てくるものではないだろうか。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2007-06-20 07:21 | Comments(0)
<< 卒中記念日 闘う三味線 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧