定年再出発  


懐かしい空
by yamato-y
カテゴリ
以前の記事
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
こずえさん サリドマイド..
by まつおか at 18:00
突然すみません 子ども..
by タイトルがわからない曲を探してます at 15:38
コメントありがとうござい..
by yamato-y at 17:26
こんにちは。 ご無沙汰..
by なを at 10:45
まさか、前野博さんと知り..
by 稲川ファン at 03:44
ご用件分かりました。オー..
by yamato-y at 18:25
東京柳原病院在籍時、「モ..
by 有田和生 at 20:19
コメント失礼いたします。..
by MG at 18:14
私も、もう一度このドラマ..
by kaze at 20:30
こんにちは。 私も『..
by desire_san at 08:53

書物愛

書物愛

紀田順一郎編纂の『書物愛』を読む。世の中には驚くべき書物への愛着をもった人がいるものと感心する。

私がこれまで会ったなかで、一番すさまじいと思ったのは野間宏だった。20年前に取材で伝通院の自宅を訪ねたとき、まさに足の踏み場がないほどの書物と書類で家中が溢れていた。書斎というか仕事部屋もほとんど本以外のスペースはなく、野間はあるくぼみに体をはめこむようにしてインタビューに応じてくれた。

最初はその膨大さに圧倒されたが、落ち着いて部屋を見回すと、集積しているのは書籍だけではなかった。広告のチラシや新聞週刊誌の切り抜きのばらばらのものまで、何でもかんでも印刷されたものがごまんと置いてあった。

野間の高校時代の親友、富士正晴の自宅も書籍と書類の山だった。大阪茨木の農家を改造した家はかなり広いものであったが、そこに貯められた書籍は私が訪れたとき茨木市の図書館に移管された後で、一部しか残っていなかった。それでも膨大な書類がまだあって、全盛期のすさまじさを想像させた。

おかしいのは野間の妻は、富士の妹である。つまり野間夫人は夫と兄の両方が並外れた書物愛の持ち主であったことになる。そういえば、お茶を出してくれたときの奥様の表情は達観していた。本などアウト・オブ・眼中という顔していたなと、今思いだす。

紀田氏も相当な書物愛の持ち主だ。大伴昌司と慶応高校以来の友人で同人誌をともに作っていた人物ということで、自宅でインタビューしたことがある。その折、書斎をちらりと撮影したが、書庫が別にあって、そこにはスライド式の立派な書架がいくつも並んでいた。この人の場合は乱雑に積み上げることなく、きちんと整理して本が分類されて並べられていた。

本好きは、古本屋好きであり図書館好きでもある。この生態についてまた項を改めて書こう。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
[PR]
by yamato-y | 2007-06-12 12:22 | 登羊亭日乗 | Comments(0)
<< アンカレッジルート 甘ちゃんやな >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧