人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

未来から見る

未来から見る

1963年に日本SF作家クラブが誕生する。星新一、福島正実、小松左京ら20名ほどが集まって、SF作家たちの交流と研鑚をはかったのだ。黎明期の作家たちはとても仲がよかった。二月に一度ほど集まり小旅行や意見交換を重ねた。

このメンバーの数人は、未来についての座談会を数回行っている。世話役は2代目事務局長だった大伴昌司。彼は少年誌やコラムのネタとしてもこの座談会を活用したと思われる。

その「未来学」の一部を大伴がメモしていたので、それを紹介する。出席したのは、小松左京、星新一、平井和正、大伴の四人だ。基調の意見はほぼ小松がリードしていた。

子育て、教育の未来予測について。
子育ては、社会が行う。受精卵としてこどもは作られ、3ヶ月で母体の体外に出され人工子宮によって育てられたり、人工早産で7か月で強制的に生みだされて未熟児箱に入れられたりする。これであると母体に負担が少なく、年に数回生むことができる。
生まれた子どもは3年保育にする。母親が育てるというのは社会的慣習なのであって、子どもは誰が育てても原則いいはずだから、社会が育てるのだ。ソシアル・マザーという存在が重要になるだろう。
 だが、こういう流れの反動として、子どもを家庭に取り戻せという運動も起きる。

学校教育については、ずいぶん楽観的だ。
教育の格差をなくして平等主義が中心、全体のレベルは上がるがアインシュタインのような天才は出なくなる。高等教育の大衆化を進めている米、ソ、日本のような国は活力が出るだろう。
テレビ式ティーチングマシンが発達し、2歳ぐらいから勉強するようになる。
学校は、そこに入ること自体が教育になるというので、全寮制とし集団生活を学ぶ。

勉強は娯楽の一種となり、考古学ファンのように、道楽としての勉強が強まる。
記憶剤が開発され、一瓶飲めば百科事典をすべて覚えられる。
辞書はいらなくなって、エレクトロニック・ライブラリー・センターが設立される。知りたい項目のボタンを押すと、テレビに映ったり、ファクシミリで情報が送られてくる。

同様にビデオサービスが全国化して、全国アニメーション・ライブラリーも出来る。これを利用すれば、「朝から鉄腕アトムも見ることができる」

今から40年前のSF作家たちが考えた未来の一部だ。実現したものもあるが、残念ながら子どもを取り巻く環境は彼らが考えていたよりもずっと悪化してしまった。

こういうことを語っていた時代は、未来が明るく思えたのだ。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2007-06-11 10:13 | 大伴昌司の遺産 | Comments(0)
<< 甘ちゃんやな 雨後の青空 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧