人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

団塊自殺最悪

団塊自殺最悪

昨夜、縄文ドリーム主人と久しぶりに飲んで旧交をあたためた。主人も私も団塊世代。
同じ世代の悲哀を背負っている。そこのあたりについて意見を交わした。このところ一人で考えていたことに、共通のものがあると知り、背負ったものが少し軽くなった気がした。

世代の悲哀とは、神谷美恵子が指す向老期の問題である。縄文主人は2つの本を教示してくれた。一つは司馬遼太郎の『花神』、他は堀江某の『王子駅まで』。早速、図書館で探して読んでみよう。二人の話は弾み、いつのまにか10時になっていた。
楽しい酒は杯も軽い。焼酎を3杯もお替りした。

気分よく渋谷駅まで来て、キオスクの前に立つと、新聞スタンドにタブロイド紙の宣伝びらが張ってある。でかでかと「団塊自殺最悪」とあった。記事など読まなくても想像できる。六十歳をむかえた団塊は今自ら命を絶つことが増えているというのだろう。年金の問題や雇用不安の問題がこの世代にずしりとのしかかっているとでも解説してあるのだろうか。言っておくが、そういうことで人は死なない。

宇佐美斉の中原中也についての文章「この世とあの世の往還」を読む。中也の詩に出てくる魂のことに言及している。その中に、この世とあの世の境界が明らかにされないままの超自然の光景を、中也が見ていると推測している。
そう言えば、「在りし日の歌」という遺稿詩集の題も変だ。宇佐美は、在りし日とは「過ぎ去ったかっての時」と「死んだ人がかつて生きていた時」の両方の意味があると指摘する。
中也は晩年生きながらにして死んでいたのか。

困ったときの神(谷美恵子)頼み。彼女の『こころの旅』の最終章「旅の終わり」ではっとする文章を見つける。
《生にはほとんど必然的に苦しみが伴うが、これを乗り越えるためにも、「自己対自己」の世界の息苦しさから解放されて、野の花のようにそぼくに天を仰いで、ただ立っている、というよろこびと安らぎが必要らしい。それは植物や動物と同様に、人間もまた大自然の中に「生かされている」からなのだろう。》

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2007-06-08 08:33 | 登羊亭日乗 | Comments(0)
<< 古いレジオからの 中也の写真 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧