人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

人生の秋

向老期

神谷美恵子の『心の旅』に読みふけってしまった。第8章の人生の秋と題された部分はまさに自分のこととして読んだ。
神谷によれば、壮年期は55歳ぐらいで、それからすぐ老年期が来るわけではないという。65歳ぐらいまでは壮年期と同じようなことができるかもしれないが、だがそれは壮年期には属さないのだ。彼女はその時期を「向老期」と呼ぶ。59歳の私はまさにそこにある。

この第8章は熟読玩味していきたいが、今読んだ印象をスケッチだけしておきたい。

向老期の人間の大切なことに、新しい状況に応じて生活のしかたをがらりと変える必要に迫られることがある、との神谷の指摘にギクリとする。

向老期の人間は「社会的時間」の枠が外されてゆくことだ。それまでの仕事や生活でつちかってきた時間感覚を変えてゆかねばならない。超時間的に時間を観ずること。自分の一生の時間は、悠久たる永遠の時間から切り取られた、ごく小さな一部分に過ぎない。
永遠の時間は自分の生まれる前にもあったように、自分が死んだあとにもあるのだろう。
老年に入るということはその永遠の時間に自分を合一する歩みだと、神谷は説く。

この章の締めくくりの言葉が、私の中で雷鳴のように鳴り響いた。
《人間はどれだけしごとを果たしたか、ということよりも、おかれたところに素直に存在する「ありかた」のほうが重要性を帯びてくるだろう。》

今の私を素直に受け入れることができるのだろうか。
もう一つ、神谷のアドバイスを記す。「エポケーの必要」だ。自分の一生をかけるほど仕事、家庭、学問を遂げてきた人ほど、その過去への執着は大きい。だが、死は近づいている。
今こそ、自分の過去についてエポケー(判断停止)が必要とされる。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2007-06-05 10:33 | 登羊亭日乗 | Comments(1)
Commented by A TSUBAKI at 2007-06-11 23:31 x
「老化とは死に近付くということだ」と、本当に言うことができるのでしょうか。

私の母は、更年期を迎えることも、白髪のオバサンになることもなく亡くなりました。

私の祖母は、70歳で末期の癌と宣告され、今正に危うい状態です。

年をとり、更年期を迎え、社会から卒業し、シワだらけシミだらけになり、「これからどう生きよう」と悩むということは、それだけ生きたということではないのでしょうか。

上野千鶴子は何かの本でもっと上手いこと言ってましたけど、タイトル忘れました。
<< 好きなのに 浦上に帰りたい >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧