人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

二生ほしい

二生ほしい

2002年に、名人竹本越路大夫は死去した。享年89歳だから長生きした。だが76歳で引退している。現役を退いてからが長かった。

この人は偏屈で反骨の人だったから、奥さんが「偏骨」な人と評した。晩年、NHKスペシャル「人間国宝ふたり」の“脇役”として登場した頃は、そういう狷介な部分はきれいに脱ぎ去っていたが、若い頃の写真を見るとなかなか煩(うるさ)そうな御仁である。

人間国宝竹本住大夫さんの兄弟子にあたる。住大夫さんは80近くなっても、越路大夫を訪ねて稽古をつけてもらうことがあった。その様子が先の「人間国宝ふたり」に出てくる。越路大夫の芸の教えは精緻だった。近松の原作を徹底的に読み込んで芸を確立させていった。文楽に対して研究熱心な人物であった。

越路大夫の義太夫は人物の語り分けが見事であった。武将なら武将らしく、遊女なら遊女らしく演じきった。その音(おん)使いは客席の涙をしぼった。情を伝える浄瑠璃の至芸といえるだろう。

その緻密な芸は年少の者にしたら辛いものとなっただろうことは想像に難くない。三味線の鶴澤清治さんは越路大夫の引退するまでの13年間、コンビを組む。30歳年の離れたコンビである。その芸の細かさ厳しさにほとほと疲れたそうだ。しかしながら嫌々半分だった13年間は、清治さんの芸を磨くことになる。清治さんの三味線は今や文楽を代表する芸といわれる。

越路大夫が晩年に言った言葉というのがなかなか素敵だ。義太夫は奥が深いから一生では足らない、二生ほしいと言ったそうだ。

 私はどうだろう。テレビの番組を作るのは奥が深い点はあるとしても、もう一生繰り返したいと思うだろうか。そこは自信がない。
あ、そうだ。負け惜しみかもしれないが、息子が同業にいる。これと合わせれば二生といえるかもしれない。だが、こんなことを言ったら二人の人格は別だと息子はきっと抗議するにちがいない。


来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2007-06-03 19:01 | Comments(1)
Commented by hanbus at 2007-06-05 10:28
はじめまして!
この「人間国宝ふたり」、拝見しました。
すばらしい番組を制作されたのですね!
「二生ほしい」、すごく幸せだと思います。
私も平均寿命の半分が過ぎてしまいましたが、未だ、自分の人生のテーマが見つかってないように思います。
<< 浦上に帰りたい 映像のシンケースイジャク >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧