人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

シナリオの神様

橋本忍さん


慌しい日であった。「文楽」のこれからのポスプロのリソースの手配、ナレーターの選出、広報番組の打ち合わせなど目白押しであった。私の苦手なオフィスコンピュータによる業務の打ち込みもあった。そんなスケジュールの隙をねらって2時から4時まで、シナリオ作家橋本忍氏を訪ねた。

友人のU山氏がこの数ヶ月橋本さんにロングインタビューをしているのだ。そこに便乗した。

橋本忍といえば日本を代表するシナリオライターだ。「七人の侍」、「生きる」、「切腹」、「張り込み」、「砂の器」、「私は貝になりたい」、「日本沈没」、「八甲田山」とヒット作が並ぶ。自身、作家というよりシナリオの職人と称している。映画をヒットさせることだけを考えてシナリオを書いたのであって芸術作品を作ろうとしたわけではないと、氏はさらりと語る。

そもそもは、橋本さんは姫路で生まれまったく映画とは縁がなかった。中学を出て軍隊に入ったが結核に罹り療養することになる。そのとき隣のベッドにいた兵隊がシナリオを読んでいたことから興味を持ち、伊丹万作のもとに作品を送り、指導を受けることになる。その伊丹が死去したため、伊丹夫人より佐伯清監督を紹介された。

 そして昭和24年、芥川龍之介の短編小説『藪の中』を脚色した作品を書く。その橋本脚本が佐伯監督を通して黒澤明に渡る。そして黒澤の助言により芥川の同じ短編小説『羅生門』も加えて完成。この脚本を基に翌1950年黒澤が演出した映画『羅生門』が公開され、橋本忍は脚本家としてデビュー。同作品はヴェネチア国際映画祭グランプリを受賞するなど高い評価を受けた。橋本さんのデビューはなんと『羅生門』なのだ。

井の頭線、新代田を降りて環状7号線から少し住宅街に入ったところに冠木門の古びた屋敷がある。そこの書斎で橋本氏は待っていてくれた。今年90歳になる。髪は染めているとは思えず黒々としている。やや言葉が不自由だが眼光鋭く、頭脳明晰、記憶もしっかりしていた。

氏は持論としてシナリオの書き直しに応じたことはない。今回、初めて書き直しをしたと新しい台本を見せてくれた。「私は貝になりたい」だ。
これは、1958年にフランキー堺が主役を演じて評判をとったTBSのテレビドラマだ。なぜ、これを書き直そうと考えたのか尋ねた。

盟友の菊村到から、この台本はお前の中の作品の中で、A,B,Cと等級をつければCクラスだと批判されたことが橋本さんの耳朶に長く残っていた。さらに、黒澤明監督に言われた言葉が忘れられないと橋本氏はつぶやく。

「貝になりたい」がテレビで話題なり、映画化の話が出たことがある。適当な監督がいないので橋本さん自身がメガホンをとることにした。そのことを報告しに橋本さんは黒澤邸に出向いた。なんでも協力するよと黒澤が請け負ってくれたが、その後に言った黒澤の言葉が橋本さんには忘れられない。

黒澤明はその台本を手のひらに載せて(まるで出前の岡持を持つように)一言言った。「何かが足らないな」
橋本さんは当時はこの意味が分からなかった。近年になってようやく分かるようになった。
テレビドラマは映画に比べて密度が薄いのだ、テレビドラマを映画にしようとするならもっと書き込まなくてはならないということではないかと、橋本さんは黒澤の言葉の真意を今推測する。

橋本説。映画の創成期、フィルムのコマは1秒間に30コマほどだということは知られていた。
知っていながらあえて24コマにしたのは少ないカットにしてさらに観客の感動を奪いたいと映画創世記の人たちは考えたのだ。コマ数が少ないということは、視覚を緊張させる。しっかり見ていないと映像の意味事情が把握しにくくなる。だから観客は映画を見る限度は2時間10分がせいぜいだと、橋本説はする。

比べて、テレビは30コマ(フレームという)。これはなだらかに目に映る。それほど意気込んで見なくても観客は映像を理解できる。時にはながら視聴もできる。こういうテレビのドラマの映像と映画のそれとでは自ずと違ってくるのではないかと、橋本さんはわれわれを前に立て板に水を流すがごとく延べる。とても卆寿とは思えない。

このテレビと映画の差異を意識して、今回「私は貝になりたい」を自主的に橋本さんは直していたら、ある映画会社から声がかかり来年のいい時期に公開される運びとなったそうだ。

その橋本さんの映画人としての肖像は、「砂の器」にあると思う。そこに秘められたさまざまな模様を、U山君は6月10日から20日までのよき日に、カメラを置いてインタビューする。私も、なんとかこのプロジェクトに加わりたいと願ってはいる。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

シナリオの神様_c0048132_21464541.jpg

by yamato-y | 2007-06-01 21:32 | 賢者の面影 | Comments(1)
Commented by nbm at 2007-06-02 09:46 x
はじめまして。
わたくし、DVDに携わるアルバイトをしてまして
昨日仕事で偶々橋本忍さんの名前を何度も見たばかりでした。
ここで挙げられている作品を観たときは、自分はまだ小学生で
大人になった今、もう1度大人の視点で観てみたいと思いました。
テレビと映画のコマの違いの話と黒沢監督の言葉は興味深いですね。
すごく納得してしまいました。
<< もうすっかりジジイだ 3人の帰国子女 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧