人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

3人の帰国子女

3人の帰国子女

昨夜から神谷美恵子と須賀敦子を交互に読んで感銘を受けている。
二人に流れるカトリシスム、フマニスム。日本人には少数の考えだが時代を超え空間を越えて伝わるものだ。この二人のうち、須賀さんとは実際にお会いして親しく話しをさせてもらったことがあるが、神谷さんはない。私が物心ついて青春をむかえる頃にはこの世を去っていた。

もう一人の帰国子女も気になる。1年前に亡くなった米原万里だ。亡くなってから彼女の著作が続々と出版されている。この人はロシア語通訳ということで活躍していた頃から、間接的に知っていた。豪快な女性で知的でかつ猥談好きというのは、ロシア語の語学番組の担当者から聞かされていた。
そのうち、エッセーをものして次々に発表をはじめ、挙句文学賞を受賞するにいたる。私は彼女を引っ張り出して番組を作ってみたいと構想しながら、ずるずると機会を失した。私とほぼ同年の彼女がまさか死去するとは思ってもいなかった。

米原さんと須賀さんの共通は大人のユーモアを巧まずしてもっていたことだ。なにげない会話でも途中くすりと笑いたくなるような言葉が二人とも端々にあった。

こういう優れた「現代女性」をとらえるような番組を作ってみたい。
現在メディアに登場する人たちの顔があまりにみすぼらしくて苦しいのだ。

さて、この3人を帰国子女という大雑把な括り方をしたが、若い頃西欧と出会った人格というのはこの国の陰湿なクリマからある意味解放されているのではないだろうか。

この記事を書いて、「文楽」の編集試写で2時間席を外れた。その間に、思い出したことがある。
センター内の書店で、大江健三郎さんの新しい本をみつけて、ある光景をまざまざと思い出したのだ。その本は大江さんのインタビュー集ある。そのなかで、最晩年のサハロフ博士と対談したことを大江さんが語っていた。そのときの通訳が米原さんだと大江さんが覚えていた。米原さんは大江さんの小説の大ファンで盛り上がったことを私も思い出したのだ。

その番組は私が制作を担当した。折りよく大江さんの対話の番組を企画していた最中に、サハロフ博士が来日し急遽収録したのだ。
しかも、この本番から旬日ならずして、博士は急死した。私はすぐスペシャル番組として立ち上げたことを懐かしく思い出す。その編集の際にも米原さんにお世話になっていたのだ。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2007-05-31 11:50 | Comments(1)
Commented by ポルコ at 2007-06-01 01:51 x
どうもこんにちは!
いろんなブログを応援させていただいています。
応援ポチッ!
<< シナリオの神様 ひとり酒場で >>


最新のトラックバック
外部リンク