人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

ひとり酒場で

ひとり酒場で

7時過ぎまで、ドキュメンタリー「文楽」の編集立会いをしていた。終わって局社の外へ出ると糠雨が降っていた。梅雨が近づいているのだろう。

自席に戻ると、同僚の大半は退社していた。ちょうど人事異動で転勤祝いの飲み会などがあちこちで開かれていることだろう。私は30分ほど伝票整理をしてから社を出た。

さきほどまで見ていた「文楽」のさまざまな場面が頭を過って消えない。このまま家へもどっても軽い興奮が続いたままになるだろう。いっそクールダウンさせたほうがいいと思って、「駒形どぜう」の暖簾をくぐった。熱燗と冷奴でいっぱい飲む。
今夜は肌寒いせいか、熱燗がうまい。五臓六腑に染み渡る。

かばんに入れておいた須賀敦子の「どんぐりのたわごと」を取り出して、酒をちびちびやりながら読む。得も言われない時間だ。

酒を飲みながら友人のNくんのことを思った。今年の人事異動で何かうごきがあっただろうか。先日、渋谷の交差点で遠めで彼を見た。ふだん穏やかな彼なのに、怖い顔をしていた。何か苦しいことがあるのじゃないか。

ふと、18歳の頃に覚えた歌が口をついて出る。「心さわぐ青春の歌」といった。
♪ぼくらにゃ ひとつの仕事があるだけ
自由の国照らす 仕事がひとつ
雪や風 星もとべば
心いつも かなたをめざす

この歌を覚えた頃、大学の先輩井上靖の内灘での詩「北国」を愛唱していた。たしか内灘砂丘に井上と思しき青年がマントにくるまって寝転がっていた。そして天上の星を見ていた。一瞬、ある星が流れた。青年はその星はきっといつか己が額に落ちるだろうと思った、という詩であった。

Nくん、星はまだ落ちていない。いつかきっと君の額を貫くはずだ。もう少しだけ待ちたまえ。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2007-05-30 21:23 | 登羊亭日乗 | Comments(0)
<< 3人の帰国子女 植木さんの帽子 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧