人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

情とは何だろう

情とは何だろう

文楽に今どっぷりはまっている。先日行われた「芸の真髄」で竹本住大夫、鶴澤清治の共演をベースにしたドキュメンタリーを現在編集していて、その芝居や文献に耳目を集めているからだ。

住大夫師匠の『文楽の心を語る』をひもとく。文楽の代表的な19演目について、師匠が芸談を語った本だ。これを読むとほとんど無縁であったと思われた文楽が、意外に身近に迫ってくる。

近松門左衛門の「曽根崎心中」。天神森の段、冒頭の語り。
「この世のなごり 夜もなごり 死にに行く身をたとふれば、
  あだしが原の道の霜 一足づつに消えて行く 夢の夢こそあはれなれ
 あれ数ふれば暁の 七つの時が六つ鳴りて 残る一つが今生(こんじょう)の
 鐘の響きの聞き納め 寂滅為楽(じゃくめつ いらく)と響くなり」
これは語りの文章だから、黙読するより声に出してみると、その良さが引き立つ。詠んでいてうっとりする。

 「この世のなごり、夜もなごり」(この世とお別れだ。夜も今夜限りになった)死出の旅立ちだ。お初・徳兵衛の道行から、相愛の男女が死に場所を求めてさまよう、はかない「死の道行」がクライマックスとなる。
あだしが原とは墓地のこと。そこに通じる道に降った霜、「一足づつに消えて行く」――はかない命、人の世をさりげなく示す。 そこへ鐘がなる。「あれ数ふれば」と続く。
 「暁の七つの時が六つ鳴りて、残る一つが今生の鐘の響きの聞き納め」
 暁の七つの時とは今の午前三時ごろ。7つの鐘のうち6つ鳴って、あと一つなれば二人の死ぬ時となる。やがて、徳兵衛は刃をとってお初の喉元へ・・・。

この二人が心中という手段を選びとらざるをえない事情もまた情だ。何も相愛の感情だけを指すのではない。情とは思いのほか深く広いものだということを、文楽を通じて知った。「情報」という言葉はこのあたりを勘案して成立したのだろうか。住大夫師匠は文楽は情だと幾度も繰り返す。師匠はこんなことを言っている。
「情を伝えようとしたら、声だけでは伝えられません。気持ちを伝えていかなくてはいけません。気持ちを伝えていくためには、やっぱり稽古しかないんです。」

それにしても、この名文句をいい語りと三味線で聴くと、たちまち夢幻の世界に引きこまれてしまう。また国立劇場へ行って聴きたくなった。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2007-05-30 10:30 | 新しい番組を構想して | Comments(0)
<< 植木さんの帽子 碩学の言葉 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧