人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

鎌腹の刃

鎌腹の刃

文楽に耳を傾ける。あの竹本住大夫の名演だ。題して、「義士銘々伝・弥作鎌腹の段」。赤穂浪士の物語外伝。なにげなく聴いていたが、物語が進むにつれてここで語られていることはけっして昔のことではないのじゃないのかと思い始めた。

物語――
攝津の国、萱野村に住む百姓弥作の元へ、浅野家に勤めていた弟和助が帰ってくる。主君の刃傷でお家は取り潰しになり、浪人となって帰ってきたのだ。
それを見ていた村役人の七大夫(悪役)が、和助を代官の養子にならないかと話をもちこんでくる。七大夫はごまをすって代官に取り入る魂胆だ。これが悲劇の始まりだった。

和助は兄に養子の話を断ってくれと頼む。理由を聞いても弟は口を割らない。いよいよ尋ねると、吉良邸討ち入りという一大事であった。和助は弟の忠義に打たれ、快く江戸に送リ出すことにした。

数日後―、和助は兄弥作の家を訪ね、念願かなっていよいよ討ち入りが決まったと報告にくる。ところが悪い事態が起きていた。例の村役人の七太夫は代官に口利きをしてすでに結納金を懐に入れていたのだ。しかもちょろまかして私腹をこやしていた。七大夫としては話が壊れては一大事だ。そこで七大夫は兄弥作を脅す。破談になれば武士の義理がたたないから自分は腹を切るが、それでもわしの言うことをきかんのかと脅すのだ。もしそれでも断るなら理由を言えと七大夫は迫る。そして、ついに弥作は討ち入りのことを白状してしまう。それを聞いた七大夫、縁談が駄目なら密告で点を稼ごうと代官所へ走るのであった。それに気づいた弥作は追いかけて、ついに鉄砲で七大夫を撃ち殺すことになる。
役人を殺したからには弥作は生きてはいられない。

腰の脇差で腹を切ろうとするがなかなかうまくいかない。そこで傍らにあった鎌を使って詰め腹を切るのだ。この正直者というか愚直者というか弥作のような人物は、今もいる。
緑資源機構の逮捕された元理事は、ノンキャリアではないか。彼が背任汚職し守ろうとしたのは林野庁からの天下りキャリアーだった。実際に逮捕されたのは元理事だったが、彼は詰め腹を切らされたのじゃないのか、弥作のように。

と思っていたら、もっと上層にあった人物が本当に刃を向けた。本日のニュースはその話題で一色となった。鎌腹を切るという没義道はけっしてなくなったわけじゃない。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2007-05-28 22:12 | Comments(0)
<< 碩学の言葉 たらちねの >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧