人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

たらちねの

たらちねの

故郷へ帰って日曜日、朝寝坊している。まったく静かな日曜日、時折風が雨戸を揺らすほどだ。仏間の隣の部屋で布団を敷いて寝転がる。三田村鳶魚の『徳川の家督争い』という御家騒動のネタ本のようなものを面白がって読む。

三田村鳶魚という人は昭和27年に82歳で亡くなっているが、江戸の研究家として知られている。江戸の風俗を知るにはこの人の著作集が役にたつのだが、昨日百万遍の古書店で彼の文庫本を見つけ読み始めたというわけだ。

冒頭が宇都宮釣天井事件。同僚がその事件の張本人の末裔だということは前にも書いたが、この事件の顛末がめっぽう興味深い。大名の争いも実はジェラシーが原因となっているということがよく分かる。

田舎の家に戻ると食事は老人食一色となる。魚、漬物、ごはん。たらちねの母が作るものは似たようなものばかり。大津で生まれた母には京都は馴染みのある場所で、そこの和菓子やうどんは好物である。肉と名のつくものはいっさい受け付けない。その母の最近の短歌に京都があった。
如月の風も冷たき京の町受験子連れて五条坂を行きし
息子3人を育てた彼女にとって、8年にわたる大学受験がいつも悩みのタネであったのだろう。

そういえば、落語の「たらちね」は八五郎が京のお屋敷者をめとる話だ。最初に自己紹介するときの嫁の口上はいつ聞いても好きだ。
《父はもと京都の産にして、姓は安藤、名は慶三。あだ名を五光。母は千代女と申せしが、三十三歳の折、ある夜、丹頂の夢をみてはらめるが故に、たらちねの体内をいでしときは、鶴女と申せしが、成長の後これを改め「清女」と申しはべるなり。》とこれを聞いて職人の八は感動するというか驚く。これは元々上方落語から由来するようだが、「たらちね」とは母の枕詞。バカ丁寧な物言いを面白がった古典落語だ。

長塚節の短歌を思い出した。
たらちねの母がつりたる青蚊帳(あおがや)をすがしといねつたるみたれども

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
by yamato-y | 2007-05-27 10:56 | ふるさとへ | Comments(0)
<< 鎌腹の刃 東山三十六峰静かに眠る丑三つ時 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧