人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

ワタナベ葬儀社

蓋棺シネマ

夕方、衛星映画劇場のワタナベ支配人が忙しくしていた。どうしたのと聞くと、熊井啓監督が亡くなったのですよという返事。そうか、「忍ぶ川」の名匠も逝ったか。

映画関係者の訃報が入ると、映画班は突然忙しくなる。その人の代表作をブラウン管に載せることができるかすぐに検討に入るからだ。対内的には編成局との折衝で映画を流す「枠」があるかどうかの交渉となり、対外的には著作権の権利者との折衝にあたらねばならない。高齢の関係者のリストを作って待っているわけにはいかないから、その都度ドタバタするのだ。まあ、リズ・テーラーぐらいになると用意しておくこともあるかもしれないが。

ワタナベ支配人によれば、この1年ほど追悼番組が多いとのこと。思いつくままに挙げる。
植木等、田村正広、丹波哲郎、アンソニー・クィン、マーロン・ブランド、キャサリーン・ヘップパーン、などなど。

この追悼番組の難しいのは、その映画人を偲ぶにふさわしい作品を確保できるかということだ。有名な映画人だから、これまでもその人物の代表作を衛星映画劇場でオンエアーしているはず。だから字幕の処理も済んでいるだろうが、放映する権利を映画会社から譲っていただけるかどうかだ。なにより、金額交渉だ。

さすがに、ワタナベ支配人は故人の映画の歴史はほとんど把握しているから、追悼番組の構成を立てるのは早い。だいたい、司会はワタナベ支配人、ゲストは映画評論家となる。

今回の熊井啓監督であれば、どんな映画がふさわしいと思うかと支配人から聞かれ、私は「サンダカン八番娼館・望郷」か「忍ぶ川」と答えた。支配人の頭のなかには「千利休・本覚坊遺文」や「深い川」にも興味があるようだ。

死者の業績を記したものを蓋棺録という。棺の蓋を覆って初めて、その人の人生が決まるという。追悼映画はさしずめ蓋棺シネマとでも言おうか。


来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
by yamato-y | 2007-05-23 18:03 | Comments(0)
<< 生活習慣病 孫が欲しいか、子が欲しいか >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧