人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

加賀の千代女

千代女のためいき

幸田露伴は話し好きだったから、いろいろな人が言行録を書いている。昨夜、高木卓の『露伴の俳話』を読んだ。著者は露伴の甥で、身内を相手に露伴が俳句指導の会を開いたときの言行を聞き書きしたものだ。この本を読んでいて、少年の頃に読んだ偉人伝のエピソードの意味がハタと分かった。

小学5年の頃、日本史が好きで偉人伝をよく読んだ。野口英世伝や樋口一葉伝といった個人の伝記より、数人の偉人のエピソードを収録したアンソロジーが好きだった。
あるアンソロジーに、上杉鷹山や新井白石と並んで加賀の千代女の話があった。千代は加賀松任の在とあったので、父方の親戚がそこに住むこともあって親近を覚え、そのエピソードを貪るように読んだ。

金沢から名古屋のほうへ帰る途中の俳人各務志考が松任に寄ったときのことだ。芭蕉の高弟が来たと聞いて、現地の俳句好きが寄ってきた。その中に千代もいた。千代女の有名な句。
朝顔に釣瓶とられてもらい水
井戸で水を汲もうと思ったら、今朝は朝顔が巻き付いていた。せっかくの風流がもったいないので、朝顔を外して汲むことを諦めて、隣へ行って水をもらった。というような意味だろう。子供の私はなるほどと、この千代女の句に感心した。

偉人伝では、その晩の志考を囲む句会の様子を伝える。兼題にほととぎすが揚げられて、千代も句を次々に作って志考に見せるが、いい点をもらえない。そのうちに夜が更けて志考も眠ってしまった。
夜がしらじらと明けてきた。途方にくれた千代女はつい詠んだ一句。
ほととぎすほととぎすとて明けにけり

それを見て、志考はひどく褒めたというエピソードだ。これが少年の私には意味が分からなかった。最初に揚げた句のほうがうまく出来ているじゃないか。後の句はなにかそのままのことを工夫もなくだらだらと書いただけだろう。と反発した。

『露伴の俳話』を詠んでいたら、この話とまったく同じことが出てくるではないか。
「朝顔に」の句はつくりものだと露伴は指摘するのだ。
《そう、これァつくりものだから、零点でもしかたがない。この句になるほどと感心してはいかん、こういうのは、だます手で、手妻の句だ。技巧でなく、まあ虚偽だ。》
 そして、しばらくして露伴は再び千代女に言及する。
《技巧でも妙にこらずにそういえばさっきの千代女の句でもさらりと、
「ほととぎすほととぎすとて明けにけり」
これなんかは千代女が相手にされずほととぎすの句をつくりつづけて夜をあかしたので、はじめていい句になったのだな―》
と、高木は露伴の語ったことを書いていた。

なんだ。あの偉人伝の元ネタはこれだったのか。今なら、「朝顔に」のつくりものより「ほととぎす」の真率さがいいということは分かるが、少年では得心がいかなかったのだ。さらに偉人伝では、ほととぎすの句のよさをしっかり説明していなかったはずだ。

それにしても、この偉人伝の作者はこのエピソードを言いたいために、志考だのほととぎすの兼題だのを自分で勝手に付け加えたのだろう。それじゃ、史実ではなく講談じゃないか。それは露伴が言う技巧でなく虚偽だ。

この技巧と虚偽の話は現代のテレビ事情にもつながるものだと、私は思う。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
by yamato-y | 2007-05-22 06:53 | 登羊亭日乗 | Comments(0)
<< 窓際から見る雲 サラリーマンの悲哀 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧