人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

サラリーマンの悲哀

サラリーマンの俳句

「昼飯でも食べませんか」
昔の部下から電話があった。珍しい人からなので互いの近況を報告しあった。彼は人事異動があって昇進して北の放送局に行くことになったそうだ。「おめでとう」と言うと、別にそれほどめでたくもありませんとむすっと答えた。ふーん、不満なんだ。

会うと、ぐずぐず言い始めた。何で僕なんですかねと、赴任先のポストを口にする。日ごろそういうことに恬淡として番組に情熱を注ぐタイプだったけど、やはり勤め人の性(さが)からは逃れがたいものなのだ。私も現役の頃は異動の時期になると、そういう煩悩に苛まれたものだ。と私が言うと、元部下は「え?○○さんでもそんなことを思っていたのですか。まったく関係ない人だと思ってたけどな」と驚く。バカ。サラリーマンであればそういうものだ。君は源氏鶏太を読んだことがないのか、と思わず怒鳴りそうになった。

この可愛い部下のために、とっておきの俳句を紹介してやった。
秋鯖や上司罵るために酔ふ
そうだ。サラリーマンの飲む酒というのは大半が愚かな上司に対する不満からにきまっている。その憂さをはらすためにビールでも焼酎でも熱燗でもなんでも飲む。それでも、そんな情けないことを人には言えないと思って腹に納めて酒を飲めば顔は強張る。
公魚をさみしき顔となりて喰ふ
公魚はわかさぎと読む。

同僚が昇進したと聞かされると心境は複雑だ。
冷え過ぎしビールよ友の栄進よ 
 
昔、ボーナスを賞与といった。査定があって優劣がつけられたのだ。
冬薔薇や賞与劣りし一詩人

この詩人の名前は草間時彦。長く大手製薬会社に勤め上げた人だ。草間の句はグルメとサラリーマンの心境を得意とした。むろん下積みのサラリーマンだ。
どうだ、S君。君一人だけじゃないって分かっただろう。

え、何だって。過激な発言をしていた新川明は「沖縄タイムス」の社長にまでなっているが、それはどうだと聞くのか。
懐かしい名前だ。昔君といっしょに民主主義を考える番組を作ることがあって、そこに沖縄の反復帰論者の新川さんに出演してもらったことがあったな。著書に「反国家の兇区(きょうく)」などがあって、反米反権力を唱える反骨の人物だった。そうか、あの新川さんは若い頃左遷されて離島にまで追いやられたりしたが、その後社長にまで昇進したのか。まあ、この際、例外もあるとS君には言い抜けておこう。

草間だってグルメとサラリーマンの愚痴の句ばかり詠んでいたわけではない。
若葉冷えて三田に山本健吉忌  草間時彦
愚痴とグルメにやつしながら、心は錦さ。
 

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
 
by yamato-y | 2007-05-21 21:50 | 登羊亭日乗 | Comments(0)
<< 加賀の千代女 カンヌ憮然 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧