人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

天国まんじゅう夫婦まんじゅう

大磯坂田山心中

五月晴れだったので高田公園を経由して大磯図書館に行った。
公園から望む相模湾は広く青々としていた。気分がすかっとする。
図書館へ行って大磯町史をぱらぱらと見ていたら、坂田山心中の現場は高田公園の隣接した雑木林だとあった。

昭和7年5月9日、大磯町の山林で若い男女の心中死体が発見された。男は学生服に角帽、女は錦紗の着物を着ており一見しただけで裕福な男女であることがわかった。
間もなく、身元が判明した。男は東京白金の慶大生G,女は伊豆の素封家の娘Y。遺書があって女性の親から反対されたので死ぬとあったので、心中ということで処理された。遺品に手紙の束や「赤い鳥」が数冊にまじってヘリオトロープの植木鉢があった。ここまでは普通の情死事件だった。

ところが仮埋葬された女性の遺体が消えた。すわ猟奇殺人かと世論は色めき立つ。翌日、大磯の浜の船小屋からYの全裸の死体が見つかった。新聞は書いた。「一糸まとはず大磯海岸で発見」エログロの妄想を掻き立てた。

死体を盗んだ犯人が1週間後に捕まる。埋葬関係者の60代の男だった。いたずらと金品目的で強奪したがその目的は果たせなかったようだ。遺体を解剖した裁判医はその事実なしとし、さらに大磯署は「令嬢は清く汚れのない処女であった」と異例の発表をしたので、純愛、プラトニックの愛としてますます喧伝されることとなった。双方の親は話し合って分骨し、ともに埋葬して二人が天国で結ばれますようにと弔った。

 事件が沈静化した頃、二人の心を留めるために比翼塚を作ろうという声が町の有志からおきる。45メートルの小高い坂田山から相模湾の見晴らしがよく名所になるのではという思惑もあったらしい。

 この心中事件は、抜けめのない人々が歌謡曲にしたてあげる。作詞は西条八十に依頼した。最初の題名は「相模灘悲歌」だった。
♪ふたりの恋はきよかった 神様だけがごぞんじよ
死んでたのしい天国で
あなたの妻になりますわ

 タイトルは東京日日新聞の見出し「天国で結ぶ恋」に変わる。売り出されたところ大ヒットなった。さらに松竹が「天国に結ぶ恋(五所平之助監督)」で封切ったところ大ロングランになったという。その影響か、心中現場へ見物に出かける者がふえた。あの比翼塚へ参拝したいとおおぜいの男女が山を埋め尽くした。麓の茶店では天国まんじゅう夫婦まんじゅうが売り出され、大人気となったと町史には書かれてある。

 一方、この地が心中の格好の場となり、この年、坂田山において、6月から12月の7ヶ月間に20組もの心中事件が発生した。町は悲鳴をあげ、警察による警戒を強めた。その結果、自殺の場所は大島の三原山に移ったと、町史はうれしそうに記してある。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2007-05-20 18:54 | Comments(2)
Commented by さいれんと at 2007-05-20 21:20 x
心中事件から1か月後に映画化されたと話を聞きましたがクランクアップでなくクランクインなんでしょうね。ともかく映画や新聞が
坂田山という地名を全国に広めたのですね。不思議なのは坂田山という山は存在しないそうです。坂田山気付と言った地名は存在しますが端白山という山が正式名称だそうです。事件を知った記者が現場を坂田山と表現したのが「坂田山心中」となった経緯だそうです。
Commented by さいれんと at 2007-05-21 08:47 x
端白山と書きましたが正しくは端城山、または羽白山だそうで、昔山城がこの付近にあったんでしょうね。
<< カンヌ憮然 自画像を描けない >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧