人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

自画像を描けない

自画像を描けない

昭和が終わろうとする頃だった。日本は景気がよかったので、海外取材の番組がたくさん作られた。当時ディレクターだった私も年に数回外国へ行くことがあった。円の価値が高まっているので旅が楽だった。ロンドンやパリですら経済的には困るようなことはなかった。ちょうど日本からの買い物ツアーがやってきてパリのブランド店で買いあさっているというやっかみのような噂がパリッ子の間で流れていた時代だ。

ロンドンで奇妙な話を聞かされた。日本が核武装を計画しているというのだ。話してくれたのはBBCのベテランディレクターだ。知性的で思慮深い彼が何てバカなことを言うのだと私はあきれた。被爆国でかつ経済的に繁栄を続けている日本が、そんな“無駄”なことはしませんよと一笑に私は付したのだが、彼はなかなか認めようとはしない。「経済大国になっているからこそ、日本は自分の地位を保持するため、かつ力を誇示するため核武装したがっているのです。これはヨーロッパ人はたいてい思うし、アジアの人たちもずいぶん懸念していますよ。」と真顔で忠告された。

私は国内で自分の国の画像を描いているのとは違う画像があるということを、そのとき知った。自画像と他者が見ている画像が違うことがあるのだと。

今、この画像のずれが起きているのではないか。『戦争責任と追悼』(朝日新聞取材班)を読んで思う。小泉前首相がかたくなに靖国参拝を続けて日中関係が極端に悪化した。安倍首相になって中国へ行きやや好転したと思われた。だが「従軍慰安婦」の規定をめぐって国会で高姿勢で臨んだことが内外で批判を受けた。そこでアメリカへ行ったとき議会に対しては河野談話を守るということを明言して、理解を求める、というようなことがあった。
ところが国内へ帰って来ると、靖国神社の例大祭に真榊を送り、今夏の参拝もふくみを残すような発言となっている。

これって、日本の立ち位置が外から見てかなりあいまいになっていないか。前掲書のなかでライシャワー東アジア研究所のケント・ガルダ―所長がこう言っている。
「靖国参拝は政治問題化してはいけないと思う。中国がこの問題で指図するのはおかしい。しかし、残念なことに、現実には首相が参拝を続けるかぎり、政治争点であり続けるのです。」
ここにこだわっていると日本が不利な状況になるとガルダ―氏は警告するのだ。日本が負ける可能性のある歴史問題を持ち出すべきではないというのだ。

日本の戦死者、犠牲者のことを思うと、「哀悼」という思いが湧いてくることは否定しないが、それを国際間にもちだすことがどんなふうに「外」から見られているかをリアルに考えなくてはならないのではないか。


来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2007-05-20 10:21 | 登羊亭日乗 | Comments(0)
<< 天国まんじゅう夫婦まんじゅう 「イメージ」のタペストリー >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧