人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

フラココ屋

フラココ屋

ジム・ジャームッシュの最新の映画「ブロークン・フラワーズ」を見た。この映画は純映画かなあ。純文学というような意味でつかう、「純」なんだけど。

冴えない中年のおっさんドン・ジョンストンが、そそのかされて昔付き合った女たちを訪ねてゆくという物語。
かつてのプレイボーイ(ビル・マーレイ)の元にピンクの手紙が届く。どうやら昔つきあった女性からの手紙のようだが差出人は不明だ。それによると、二人の間に19歳の息子があるというのだ。ドンは気乗りがしないのだが,その女性を探し当てるべきだと友人はジョンストンに向かって力説する。そして、その友人が旅の段取りをつけてくれたこともあってジョンストンは旅立つ。そして、四人のモトカノと一人の故人を訪ねることになるのだ。
元恋人役の顔ぶれがすごい。シャロン・ストーン、ジェシカ・ラングらがさりげなく出てくるのだ。この「舞踏会の手帳」式旅は女性たちのその後の歴史を浮かび上がらせそれなりに面白い。特に、無口な主人公を演じるビル・マーレイのそこはかとないユーモアがいいのだ。

なのに、旅が終わって帰って来てからが、ごちゃごちゃするというか、構成がすんなり流れない。自分の息子かもしれないと誤解する若者とのやりとりが中途半端なのだ。その中途半端なままで突然エンドマークが出る。これって脱物語か。エンターテイメント化させないという作家精神か。そういう思いでこの「ブロークン・フラワーズ」は純映画かとつぶやいたのだ。

でもなあ、吉田喜重のような独り善がりな作品じゃない。それなりに楽しめるのだ。だからカンヌ映画祭審査員特別大賞(グランプリ)を受賞したのだろう。

大江健三郎賞の第一回受賞作『夕子ちゃんの近道』(長島有)を読んだ。この賞の審査員は大江さん一人で、最初ということなので、どういう作品が選ばれたかという興味で読んだ。
分かりやすい小説で、芥川賞より直木賞に近い作品ではないかと思った。たしかに、さりげないしかし周到な表現は只者ではないという気にはさせるが、物語の風合いが実に穏やかでやさしいのだ。

大江さんが選ぶのだからきっと前衛的な表現をもつ作品だろうと思っていたので、肩透かしをくらった。

西洋アンティークの店・フラココ屋の二階に住み着いた“僕”。倉庫代わりの狭い空間で寝起きする。やがて常連の瑞江さんと仲良くなり、店長からもなんとなく信頼されるようになる。隣に大家さん一家が住んでいて、孫の朝子、夕子ちゃんとも友達になる。“僕”は身一つで転がり込んでいて、10日間風呂に入らなくても平気な人間だ。この僕がふらここ屋を中心に交友することを気負わずに描いた作品。別に大きな事件が起こるわけでなく、冬から春へと時間が流れてゆく。でもみなけっして変わらないわけではない。どこか同じではなくなっている“僕”やそのほかの人々――。

ネットの評価に一見癒し系の小説に見えるが、どこか奇妙だという意見があった。
《・・なのだが、なんというか、この作品、読めば読むほど、微妙な違和感を覚えるのだ。単なる「癒し系」の作品とするには、妙な座りごこちの悪さ、極端に言うと、薄気味の悪さが、ほんとうにかすかにかすかに、だけど、確実に、全編の根底に流れているのである。この違和感、居心地の悪さの正体は、いったい、何? 》

そうかなあ。そのまま居心地のいい作品にしか思えないのだが。大江さんが選ぶということはそういう表面的なこととは違う“深いもの”が内在しているのかしらむ。作者の長島氏より大江さんの意見が知りたいなあ。今夜6時から、講談社でこの二人の公開対談があるそうだ。行きたい。だが、「後藤新平」の最後の技術試写がちょうど重なっている。

  
来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2007-05-18 11:13 | 登羊亭日乗 | Comments(1)
Commented by monsieur-meuniere at 2007-05-18 12:53
大江さんの新しい小説「﨟たしアナベル・リイ 総毛立ちつ身まかりつ」はお読みになられましたか?今、雑誌「新潮」に出ていますね。これから読んでみようと思っています。
<< ニュースの天才 豪傑 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧